合格体験記
# 模試・偏差値

2017年東京大学文科三類合格者の模試の偏差値・活用法

ーーやり直しノートを最大限活用し模試の結果には常に平常心を心がけるーー

2017年東京大学文科三類合格者の模試の偏差値・活用法
年度
2017年(現役)
入学
東京大学文科三類
合格大学
立教大学法学部
慶應義塾大学商学部
早稲田大学文学部
早稲田大学法学部
出身高校
埼玉県私立本庄東高等学校
センター試験
英語 194点 / 数I・A 97点 / 数II・B 88点 / 国語 161点 / 世界史 97点 / 地理 82点 / 生物基礎 47点 / 化学基礎 44点

模試直前の勉強方法と模試の復習方法に関してどのように行っていてどんな効果があったか、また今振り返って模試の直前と直後どのような勉強をすれば良いと思いますか?

模試の直前では、学校に模試の過去問があったので、それをコピーしてやっていました。特に過去問を解く上で重要したのは、解いた後に必ずやり直しをしたことです。やり直し専用のノートを作り、左ページに問題のコピーを貼り、右ページに自分の解答、模範解答、間違えた理由、解説を書き込みました。これを模試の本番前に見直すことによって、本番で同じようなミスを繰り返すことが少なくなりました。模試の直後にも、やり直しは欠かさず行っていましたね。しかし、今思うと、模試で間違えた問題の類題を問題集などで確認しておけば良かったです。自分が今まで解いた問題の類題が、模試で出題されたことが意外とあったので。

模試の結果・偏差値で1番落ち込んだときのことを、その時の各教科の偏差値、落ち込んだ理由も含めて教えてください。

高校1年の進研記述模試で、英語が偏差値80.8、数学が偏差値62.0、国語が偏差値67.1、英数国合計で偏差値73.6でした。もちろん第一志望の東大はD判定。合格可能性が20%以上40%未満ですから、当然このまま東大に合格することは不可能でしょう。滑り止めの早稲田大学法学部ですらC判定が出ていました。担任の先生にも「東大を目指すのはかなり厳しい。このままでは東大はおろか他の旧帝にも受からない」と言われてしまう始末。これにはさすがに東大を目指すことを諦めかけていましたね。

受験生は模試の結果・偏差値に一喜一憂してしまいますが、あなた自身特に高校3年生の時どうでしたか?また今思えば模試の結果がよかった時、悪かった時それぞれの感情にどう対処してどう生かすべきだと思いますか?

模試の結果が一番良かった時は、高校2年の2月の進研記述模試で全科目合計で偏差値82.3を出し、東大A判定が出た時です。調子に乗ってはいけないと考えていましたが、勉強している中で、どうしても緩みが出てきてしまい、「今日はこのくらいでいいや」と普段の勉強時間や内容に対して妥協をし始めました。その結果、高校3年7月の進研記述模試では、全科目合計の偏差値が78.7まで下がってしまい、東大はC判定。正直ここまで成績が下がるとは思ってなかったので、立ち直るのが難しかったですね。

今思えば、模試の調子が良かった時は、その良い偏差値をなかったものとして考える勢いで、調子に乗らず平常心を心がけるべきでした。逆に悪い偏差値をとった時は、「今が全てではない、ここで失敗しても本番で成功すれば良いんだ」と前向きな考え方をするように心がけるべきだったと思います。

模試には主にマーク模試と記述模試の2種類がありますが、センターマーク模試と記述模試で偏差値に差はありましたか?

同時期のセンターマーク模試と記述模試の偏差値を比較すると、例えば10月のベネッセ・駿台マーク模試では全科目合計の偏差値が75.0、同時期の進研記述模試の偏差値が82.8でした。このように、センターマーク模試と記述模試では偏差値に大きな差があります。

センターマーク模試に関しては、偏差値よりも点数を重要視していました。センター本番で実際に判断基準になってくるのは偏差値ではなく点数なので。記述模試では、あくまで第一志望のレベルと自分のレベルがどれくらい離れているのかを確認するために偏差値に重きを置いていましたね。

最後にあなたと同じ入学大学、合格大学を目指す受験生に向けて模試に関する総合的なアドバイスをお願いします!

模試は河合や駿台など、できるだけ複数のものを受けて、場数を積んだ方が良いです。特に現役生の皆さんは、学校申し込みの模試は必ず受けるようにしましょう。経験を積むことによって、良い成績、悪い成績をとった時の対処が素早くなり、本番でも平常心を保てるようになります。また、東進の模試は母集団の人数も少なく、はっきり言って質もあまり良くないのでオススメしません。