合格体験記
# センター試験
# センター日本史

2017年九州大学農学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

ーー日本史25年分の過去問を全部解かずにセンター8割越えーー

2017年九州大学農学部合格者のセンター日本史の対策・解き方
年度
2017年(現役)
入学
九州大学農学部
出身高校
長崎県立長崎西高校
センター試験
英語 179点 / 数I・A 88点 / 数II・B 71点 / 国語 161点 / 生物 91点 / 化学 66点 / 日本史 86点

センター日本史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター日本史の目標点は90点でした。日本史では、必ず1問は難しい問題が出ます。しかし、その問題は正答率がとても低いです。ですから、正答率が低い問題で得点を取ることは難しいので、落としてはいけない基本の問題で得点を取ろうと考えていました。

正答率が高い問題を落としている方が、点数に響くので、その問題を間違っていたらそれに関連する知識も覚えるようにしていました。

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

センター日本史の対策では参考書に学校で買った図説を使いわからないところはこれで調べていました。また、過去問に赤本を使用していました。私は、普段の授業の時から、混同しやすい単語や時代をまとめたノートを作っていました。

そして、過去問や模試を解いて混同している者があれば、そのノートにまとめ、登下校のバスでそのノートを見て覚えていました。

実際に過去問に手を付けたのは10月からで、毎日大問2題は解くようにしていました。よく理解している問題を解くのは時間がもったいないので、わからない問題を徹底的に潰すことが最優先事項だと考えていました。

そこで、5年分くらい説いてみて、得点率が低い大問の時代だけを25年分解きました。当然その時代を年表や図で覚え直したり、ここで間違えた単語はノートにまとめたりしていました。

センター日本史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

基本的に練習の時から、一問につき約1分以内に解くと決めておくと良いと思います。センター日本史では必ず、時間が余ります。余った時間で、もう一度解き直してください。

見直すのではなく、どこがその文章の間違いなのか、線を引き確認しながら、解き直してください。こうすることで、ケアレスミスを防ぐことができます。解く順番は特に意識したことはありません。

センター日本史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

混同しやすい言葉、事柄をまとめたノートを作るのは、試験直前にも見直せるので、ぜひやった方がいいです。例えば、鎌倉仏教について、開祖、寺院、教本、どういう活動をしたかなどまとめると、理解も深まります。

ただ、まとめるだけではすぐに忘れてしまうので、オレンジペンで書き、赤シートを使いバスの中で暗記するのが、とても効率的だったと思います。日本史では後悔している対策はありません。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター日本史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

正誤問題は必ず間違っている部分に下線を引き、正しい答えを書くようにしていました。そうすることで、ケアレスミスを減らし、本番で類似問題が出たときに対応ができると思います。

直前期は、最後の総仕上げにするために、苦手な分野だけの過去問の25年分を上記の方法で解くことが、センター日本史で高得点を取るコツです。