合格体験記
# 試験日程
# 挑戦校
# 併願
# 滑り止め

2017年大阪大学外国語学部合格者の受験校・併願校・試験日程

ーー直前期は勉強の量よりも心をリラックスさせることが大切ーー

2017年大阪大学外国語学部合格者の受験校・併願校・試験日程
年度
2017年(現役)
入学
大阪大学外国語学部
合格大学
立命館大学政策科学部
出身高校
大阪府府立大手前高校
センター試験
英語 161点 / 数I・A 80点 / 数II・B 49点 / 国語 153点 / 世界史 75点 / 倫理・政治経済 75点 / 生物基礎 40点 / 地学基礎 44点

受験校・併願校・試験日程を決めるにあたって大事にしたこと、迷ったことを教えてください。

私はセンター試験の結果が思わしく一気に自信をなくしてしまったのですが、センターリサーチの判定をもとに行った学校の面談で先生が出願する勇気を与えてくださったのでそのまま突っ切ることにしました。

併願校は周りの友達は平均して2校受けていましたが私は1校しか受けませんでした。受験料もかかるし、本命の受験校により多くの時間を割きたかったからです。また併願校の試験日程は数日あり自由に選べたのですが、土曜日は受験者が多いだろうと思い平日を選びました。

直前期に過去問の出来からどこが受かりそう、落ちそうと主観的に思っていましたか?

併願校も本命の受験校も直前の過去問の出来は良かったので受かるだろうという自信がありました。また、センター試験直前期はとても緊張していたのですが、併願校と受験校の試験直前期はあまり緊張もしませんでした。

直前期はやはりリラックスした状態でいることが大事だと思います。だから過去問を解くのであれば1年分くらいに抑えて、出来が悪くて落ち込むことがないようにするのがベストな過ごし方です。

国公立大学などでは2次試験で合否がほぼ決まるところも多くプレッシャーを感じるかもしれませんがそれは皆同じです。プレッシャーを感じない過ごし方を見つけましょう。

受験を終えてみて合格発表などによるこのスケジュールでの感情の動きを具体的に教えてください。

自分の中での本番である受験校の試験に向けて必死だったため、それよりも前にあった併願校の合格発表は特に何も感じていませんでした。

けれども、本命の受験校の合格発表までの期間は本当に生きた心地がしなかったです。試験を終えて、卒業式を終えるとそれまでの習慣だった学校へ行くということがなくなり家で1日のほとんどを過ごしました。正直、試験本番よりも試験を受けて合格発表までの方が緊張しました。

合格発表が私のところよりも早い日程の大学を受験した友達から合格の報告を聞いて、順位などどうでもいいからとりあえず受かっていますように、そう願い続ける日々でした。

試験本番の期間で特に感情的に厳しかった時期と、感情の起伏を合否に影響させないために重要だと思うことは何ですか?

試験当日の朝は目覚めも良く緊張せず試験会場まで向かうことができました。会場に着いてからも不安なところを少し見直してあとは周りの受験者の様子を観察する余裕があったほどでした。いざ試験が始まっても心に余裕があり、試験中の空気を楽しんでいたとも言えると思います。

1教科目の世界史、2教科目の英語が終わり、残すところあと1教科は国語。試験が始まり解答用紙に受験番号と名前を記入していた時何とシャーペンの芯で紙に少し穴が開いてしまいました。今となっては笑い話なのですが、あの時の焦りようは凄かったです。

挙手して試験監督に伝えるとそのまま提出してくださいと言われてとりあえずホッとしました。無事に試験が終えられて良かったです。

感情の起伏を合否に影響させないためには深呼吸や指ツボマッサージでとにかくリラックスすることです。心が落ち着いていれば、自然と頭もフル回転します。

あなたと同じ大学群、同じ学科系統志望の受験生に向けてこの学部志望の人向けに受験校の決め方・試験期間中の総合的なアドバイスをお願いします。

私は外国部学部だったので特に英語の試験問題の難易度が高かったのですが、英語の長文を読んでいると知らない単語に遭遇するということはよくあることだと思います。設問に関係していなかったらそのまま無視しても問題ありませんが、設問に関係している単語だったら本当に焦りますよね。

でもそういう単語が特別難しい意味のものであるわけではないのです。前の文に出てきた単語の言い換え表現だったり、その分が前あるいは後の文と対比構造になっていたりするという場合がほとんどです。だから普段の勉強からこのことを意識して知らない単語をすぐに調べるのではなく、自力で意味を推測する訓練を積み重ねましょう。