合格体験記
# センター試験
# センター世界史

2017年大阪大学外国語学部合格者のセンター世界史の対策・解き方

ーー単純暗記ではなく関連事項とセットで歴史の流れを覚えるーー

2017年大阪大学外国語学部合格者のセンター世界史の対策・解き方
年度
2017年(現役)
入学
大阪大学外国語学部
合格大学
立命館大学政策科学部
出身高校
大阪府府立大手前高校
センター試験
英語 161点 / 数I・A 80点 / 数II・B 49点 / 国語 153点 / 世界史 75点 / 倫理・政治経済 75点 / 生物基礎 40点 / 地学基礎 44点

センター世界史の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター世界史は8割、9割を狙える教科です。目標点達成のために教科書の太字部分のような基本知識をまず固めましょう。歴史は時代の流れで覚えるものだとよく言われ、世界史に関しても時代の流れは必須です。でもそれだけでは不十分で、同時代の地域つながりや地図も頭に入れておく必要があります。

あとは引っかかりやすい問題として、似ている人物名・制度名や時代の前後関係などが挙げられるかと思います。問題文をよく読んだり、自分でそういった問題専用のノートを作ったりして対策するのがおすすめです。

センター世界史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

世界史は暗記科目だから直前期に勉強すれば大丈夫、そのような考えは捨てて下さい。学校のテストなどはたしかにそれで乗り切れるかもしれません。でもセンター試験本番に向けて大切な直前期に世界史ばかりに多くの時間を費やすのが良い勉強法だと言えるでしょうか。

直前期に慌てることがないように遅くとも受験生の4月からは対策を始めて、また学校の授業でまだ習っていない範囲も教科書や参考書を使って少しずつ予習しておくべきです。問題集を使うときは直接問題集に書き込まず、繰り返し問題演習を行えるようにしましょう。

センター世界史で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

試験時間は60分と長いので時間配分や解く順番などは自分に一番合ったやり方を選べばいいと思います。解きながら特に焦る必要はなく、じっくり落ち着いて解いても見直しする時間が十分にあります。

ただ見直しを何度もしているうちに最初の自分の答えにだんだん自信がなくなってきてこのままで提出するか、別の答えにマークするかで悩むということも出てくるので気を付けてください。試験終了ギリギリで直した答えが合っているのか、最初の答えが合っているのか、これはもう運です。

もしマークし直すのであれば誤って他の回答も消してしまわないようにして下さい。

センター世界史の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

私はセンター試験対策として過去問演習に重きをおいたことを後悔しています。過去問演習をたくさんやっても全く同じ問題は出ないし、問題形式もよく変わります。やはり暗記科目なので本番までに覚えたことを試験本番でどれだけ使えるかが重要です。

過去問は5年分、多くても10年分までにして、覚えたことがきちんと頭に入っているかを確かめるのには1問1答集を使うのが良いかと思います。そして、何度やっても間違えない問題はおそらくもう大丈夫なのでよく間違える問題をしっかり見直すようにしましょう。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター世界史で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

世界史は暗記科目ですがせっかく用語を覚えても出された問題を解けなければ意味がありません。ただ用語を覚えるだけではなくその用語がどのような出題のされ方をするのか、用語に関連する時代や地図も一緒に頭に入れるようにして下さい。そうすれば勉強の効率も上がり解ける問題も増えると思います。

また直前期は他の教科とのバランスも考えながら最後の追い込みとして知識の漏れがないかを確認したり、過去に出題されたことはないけれど何となく怪しいところを勉強したりするのがおすすめです。