合格体験記
# センター試験
# センター倫理・政治経済

2017年大阪大学外国語学部合格者のセンター倫理・政治経済の対策・解き方

ーー倫理と政治経済それぞれの問題形式に合った勉強法を意識ーー

2017年大阪大学外国語学部合格者のセンター倫理・政治経済の対策・解き方
年度
2017年(現役)
入学
大阪大学外国語学部
合格大学
立命館大学政策科学部
出身高校
大阪府府立大手前高校
センター試験
英語 161点 / 数I・A 80点 / 数II・B 49点 / 国語 153点 / 世界史 75点 / 倫理・政治経済 75点 / 生物基礎 40点 / 地学基礎 44点

センター倫理・政治経済の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター倫理・政治経済は試験問題が倫理と政治経済で半分ずつ出題されます。私は倫理の方に自信があったので倫理で9割以上、政治経済で7割以上、合計で8割以上を目指していました。倫理では文章の細かいところを読み飛ばしていて失点することがほとんどだったので、とにかく落ち着いて取り組むことを意識しました。

政治経済は時事問題が出題されることがあるので、習ったことと関連しそうなニュースには普段から耳を傾けるようにしていました。

センター倫理・政治経済の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

参考書として倫理、政治経済の点数が面白いほどとれる本を使用しました。この本は分かりやすく書かれていてとても読みやすいです。でも細かい知識を十分にカバーできないので、私は学校の資料集と一緒に使用していました。

ちなみに政治経済分野においては制度名やデータの数字などが数年ごとに変わることもあるので、この本を購入する際は最新版のものを選ぶように注意してください。

センター倫理・政治経済で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

倫理では割と文章量の多い資料の読み取り問題がいくつか出題されます。春の模試でそれらの問題に時間をかけすぎて残りの問題を解くときにかなり焦るという経験をしたので、まずは政治経済の方から解くようにしていました。

そして次に資料読み取り問題を除いた倫理分野を解き、残った時間をそれらの問題に充てるという具合でした。他の問題はもう解き終わっているのであとはこれらだけと思うと、難問意識がある資料読み取り問題にも落ち着いて取り組むことができました。

センター倫理・政治経済の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

政治経済の対策として、参考書や問題集を使用して勉強するだけではなく普段から時事問題に目を向ける習慣を作ったのは良かったことだと思います。政治経済を勉強することが楽しくなってきます。

倫理の対策として、一問一答形式で勉強していたのですがそのような勉強はセンター試験での点数に直結しなかったのでやらなくて良かったと後悔しています。細かい知識は資料集に載っているものを眺めるくらいの気持ちで覚えれば十分です。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター倫理・政治経済で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター試験倫理・政治経済は実質2教科なので勉強量はそれなりに多くなると思います。でも、倫理と政治経済で内容が被っている分野があり、また日本史や世界史も勉強しているのであればそれらとも被っている分野がそれぞれにあります。

この内容はあの教科にもあったなというふうに勉強いていけば、覚えたことを忘れにくくなるだろうし、勉強量が少し減る感じがしてラッキーな気分になります。嫌々勉強するのではなく楽しんで勉強しましょう。