合格体験記
# センター試験
# センター地学基礎

2017年大阪大学外国語学部合格者のセンター地学基礎の対策・解き方

ーー簡単そうに思える問題にこそ落ち着いて取り組み高得点獲得ーー

2017年大阪大学外国語学部合格者のセンター地学基礎の対策・解き方
年度
2017年(現役)
入学
大阪大学外国語学部
合格大学
立命館大学政策科学部
出身高校
大阪府府立大手前高校
センター試験
英語 161点 / 数I・A 80点 / 数II・B 49点 / 国語 153点 / 世界史 75点 / 倫理・政治経済 75点 / 生物基礎 40点 / 地学基礎 44点

センター地学基礎の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター地学基礎は9割を目標としていました。目標達成のために基本問題は何度も復習をして完璧に解けるようにすること、難易度が高い問題は問題文を手掛かりにして習った知識を組み合わせれば解けることがほとんどと学校の先生がおっしゃっていたのでそのことを意識していました。

また地学基礎は問題文をきちんと読まずに点を落としていた教科でもあったので問題文に加えてリード分まで読むように心がけました。

センター地学基礎の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

地学基礎は学習者自体が少なく、参考書・問題集も少ないです。だから良い参考書・問題集を自分で選ぶのは難しいかもしれません。学校から与えられているものがあればそれを使えば十分だと思います。

私はもっと問題演習をしたかったのでマーク式問題集を使ってセンター試験をしていました。図や表の数字は最新の教科書や資料集に書かれているものが最も正しいので、参考書などと見比べるようにしてください。

センター地学基礎で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

地学基礎ともう一つの教科を合わせてセンター理科基礎の点数となります。私は生物基礎と地学基礎で受験したのですが、模試のときいつも地学基礎の方に長く解答時間を要していました。だから、試験時間60分を単純に半分とするのではなく地学基礎の方に長くとれるように配分しました。

これは受験する教科の組み合わせや得意不得意にもよると思うので、自分の普段の解答時間や受験教科に合わせて時間配分を意識するようにしてください。時間のロスやマークミスの原因となるので2教科間を行ったり来たりするのではなく、いったん解き始めた教科は最後まで解いてから次へ進みましょう。

センター地学基礎の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

どの教科にも共通して言えることですが、マーク模試を受けた後復習する際に復習ノートを作っておくと次の模試を受ける前や普段の勉強時、そして本番前にサッと見直せるのでおすすめです。

地学基礎は地層や化石などの図が出題されますが、それらに関しても該当ページをコピーしたりして該当部分を切り抜きノートに貼りましょう。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター地学基礎で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター地学基礎の計算問題には引っ掛け問題がかなり多いです。一見問題文中に与えられている公式に当てはめるだけで解けそうな問題でも単位に注意する必要があったり、時間→分→秒の変換をしなければならなかったりします。

スムーズに計算が進んだ時ほどそういった細かいことにも意識を向けて、ちょっとしたことで点を落とさないようにしてください。