合格体験記
# センター試験
# センター倫理・政治経済

2017年一橋大学商学部合格者のセンター倫理・政治経済の対策・解き方

ーー「用語の丸暗記」と「対策の後回し」の二大落とし穴に注意ーー

2017年一橋大学商学部合格者のセンター倫理・政治経済の対策・解き方
年度
2017年(1浪)
入学
一橋大学商学部
合格大学
中央大学商学部
明治大学政治経済学部
慶應義塾大学商学部
出身高校
東京都 都立 国立高校
センター試験
英語 193点 / 数I・A 80点 / 数II・B 85点 / 国語 183点 / 日本史 83点 / 倫理・政治経済 74点 / 生物基礎 47点 / 化学基礎 43点

センター倫理・政治経済の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

センター倫理・政治経済は8割取ることを目標にしていました。倫理では、用語の意味を選択肢の中から答える問題が難しかったです。用語を丸暗記するだけでは太刀打ちできないので、基本概念はひとつひとつ辞書で意味を調べるようにしていましたね。知識を必要としない文章読み取りの問題は、しっかり読み込めば必ず得点できるので絶対落とさないと決めていました。

倫理は読む文章の量が多いのですが私は倫理の方が得意でしたので、政治経済の分野でわからない問題、特に時事問題などには時間を取られすぎないように気をつけていました。

センター倫理・政治経済の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

「倫理・政治経済の点数が面白いほどとれる本」を参考書として使用していましたが、私には分厚すぎて何度も読み込むには適していませんでした。なので教科書も併用して使っていましたね。特に倫理の教科書は、文章として思想を説明しているので理解しやすかったです。

倫理・政治経済はセンター試験の中でも対策が軽視されがちですが、1つの試験で実質2教科分の対策が必要なので対策を後延ばしにしていると後々後悔します。私は夏休み中に参考書で知識の詰め込みを1周させておき、12月の頭から知識の確認をしつつ過去問演習を始めました。

センター倫理・政治経済で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

倫理では、大問の中の最後に問題文で述べられていることを選ぶ設問があれば、問題文をとりあえず最後まで読んで、1番最初にそれを解くようにしていました。あの長い問題文を何度も読むのは時間の無駄ですから。正誤問題は、どの部分が正しくてどの部分が間違っているのかをしっかりチェックしながら解いていました。これは、見直しをする際にも有効だと思います。

政治経済は、苦手なこともあり、わからなくてもとりあえず最後まで解き進めることを意識していました。解く順番もオーソドックスに最初から順に解いていましたね。

センター倫理・政治経済の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

倫理では、言葉の使い方が重要なので、用語は辞書などで丁寧に意味を確認した方がいいと思います。政治経済では、日頃から新聞などでニュースをチェックする習慣をつけるといいでしょう。最近の政治や経済の動向のうち、教科書などで取り上げられている既存のテーマと関連付けられるトピッックが問われやすいので、そのような視点でニュースをチェックするとより役立つと思います。

すでに述べたように、倫理分野で出てくる用語の丸暗記は役に立ちませんでした。過去問を解く中で、単語の意味や思想の本質をちゃんと理解していないことを何度も実感しましたから。倫理、政経共に「理解」を意識して勉強することが大切だと思います。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター倫理・政治経済で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

まず、センター倫理・政治経済はコツコツと勉強することが高得点獲得に直結します。2学期に入ると主要科目の演習が本格化し、センター科目対策の時間が取りづらいからです。コツコツと理解中心の学習を続け、直前は知識の補強と倫理分野と政治経済分野の時間配分を決定するという目的で過去問演習を行うといいと思います。

センター本番まで時間がなく切羽詰まっているという人は、とりあえず目標点数を設定し、それに合わせて必ず得点するところとそうではないところを切り分ける必要があります。

最後まで諦めず、自分ができる最大限の対策をして高得点を目指しましょう!