合格体験記
# センター試験
# センター物理

2017年東京大学理科一類合格者のセンター物理の対策・解き方

ーー予想問題集を使った分野を絞った対策と細心の注意を払った読解で得点を安定化ーー

2017年東京大学理科一類合格者のセンター物理の対策・解き方
年度
2017年(現役)
入学
東京大学理科一類
出身高校
兵庫県・私立・甲陽学院高等学校
センター試験
英語 200点 / 数I・A 98点 / 数II・B 100点 / 国語 175点 / 化学 80点 / 物理 100点 / 地理 95点

センター物理の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

私は、センター試験の目標点数を特に設定していませんでした。志望大学のセンター試験の配点が低いこともあり、センター試験直前期まで二次試験対策を中心にした勉強を行いました。

センター試験で高得点を取るために一番重要だと感じていたことは、問題文を精読することです。センター試験の物理では、問題文のわずかな読み間違えが大きな得点ロスにつながります。間違えそうな文脈を読む度に、注意すべき単語に〇をつけて気を付けるようにしました。「問題文は必ず2回読む!絶対に見落とさない!」くらいのつもりで望んでください。

センター物理の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

主に使用したのは学校で配布されたセンター試験用問題集でした。市販の公式・定理集も使いましたが、確認に要する時間と点数が見合わないので、よほど苦手でない限りお勧めしません。過去問は、年度によって出題範囲が著しく異なるので、直近数年分以外は使いませんでした。

センター試験本番1週間前までは、予想問題集を一日に小問5問ほど解くだけでした。センター試験のための勉強は本番一週間前から始め、必ず出る分野と苦手な分野に絞った勉強をしました。個人的には、電磁気・波動を集中的に勉強し、ほかの分野はそれまでと同じように予想問題集を一日に小問5問ほど解いていました。

センター物理で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

解く順番は特に意識しませんでした。問題演習の経験から時間が余るのは確実だったため、本番では敢えてゆっくり解くことを心がけました。焦りはミスに直結するので、いつも時間が余る人はゆっくりと解いてみましょう。

試験時間中は問題文の読み間違いに細心の注意を払いました。センター試験の問題は冷静に取り組めば解けるものがほとんどです。心にゆとりを持って取り組みましょう。

センター物理の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

私が本番で満点をとれたのは、間違えやすい単語に〇をつけながら読む読み方に慣れたことが大きいと思います。この読み方のおかげで得点が上がりました。お勧めの読み方ですが、慣れるまでは時間がかかったり問題文が読みにくくなったりします。興味のある方は、秋頃までには挑戦してみてください。

物理が苦手な方は、基本公式の確認をしてもよいと思いますが、得意な方にはお勧めしません。時間の無駄であり、その参考書と自分の解き方の流派が異なれば役に立たないどころか混乱の原因になるかもしれません。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター物理で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター試験の物理には、新出問題とパターン化されている問題があります。後者を確実に解けるように、予想問題集などを駆使して傾向や苦手を対策してください。
センター物理ではひっかけ問題がとても多いので、本番の試験で混乱してしまわないように、落ち着いて試験に臨みましょう。

最後に、私が見つけた間違えやすい単語の例を挙げてみると、「物体A」と「物体B」、「上向きを正」と「下向きを正」(政府の間違いが力学で最も多い間違いです)、「M」と「m」、「α」(アルファ)と「a」、「sin」と「cos」(間違えないと思い込んでいる人に限って間違えます)などです。