勉強法
# 古文

古文は長文を正確に現代語訳することを目標とせよ!古文勉強法と各参考書の使い方

古文は長文を正確に現代語訳することを目標とせよ!古文勉強法と各参考書の使い方

古文が苦手な人にありがちな症例とその処方箋


古文や漢文が苦手だと自称する受験生は少なからずいるでしょう。彼らのほとんどは、以下にあげる状況のいずれかに該当する、もしくは共感していただけると思います。

文法で助動詞の項目をやるときは問題が解けるのに、いざ長文を読むとなると知識が出てこない、主語とか逆接とか、勘で当てないとどうしようもない、古文単語が全然覚えられない。そもそも覚えなくてもカンである程度解けるから覚える気にもならない。

まず、古文は現代文と同じ国語という括りに入っていますが、現代文とは全く別科目だと思っておいたほうが良いです。

勉強の仕方を考えると、むしろ古文は英語に近い。日本語に見てくれが似ている英語として古文を捉えると、学習方針がぼやけません。

具体的には、文法や単語の知識を堅実に増やしつつ、長文読解で補強するという形を愚直に踏むことになります。このいずれの段階も怠ってはいけません。

上に挙げた「古文が苦手な人にありがちなこと」の中で、文法で助動詞の項目をやるときは問題が解けるのに、いざ長文を読むとなると知識が出てこない。主語とか逆接とか、勘で当てないとどうしようもない。

以上の2つの「症例」を抱える受験生は、知識補充系の勉強はそれなりにしてきた一方、読解演習が足りていないんです。

文法練習帳や古文単語帳で覚えた知識も、古文読解で運用できるか確認しないと意味がありません。それは英語でも同じことですよね。

残りの「古文単語が全然覚えられない。そもそも覚えなくても勘である程度解けるから覚える気にもならない」に関しては、少々深刻。

古文は日本語に見てくれが似ている英語と先に述べましたが、英語と比べると古文は2つの点で相違します。「英語よりも覚えるべき単語数は少ない」、「英語よりも日本語からの類推で読める箇所が多い」の2つ。

前者に関しては英語よりも楽なポイントといえます。一方、後者も楽なポイント……とは言い切れず、知識不足、演習量不足のいずれもその場しのぎの勘でごまかしが効いてしまうトラップと言わねばなりません。

つまり、知識補充、読解演習のいずれの段階も不十分ということになります。

古文の参考書は「文法書・文法練習張」「古典単語帳」「読解問題集」の3つに大別され、仕上げとしてセンター試験や二次試験の過去問に取り組むという流れを踏んでいくことになるでしょう。

本記事では、以下でこれらの参考書を使って対策を進めていくさい、気をつけるべきポイント、陥りがちなトラップについて解説します。

古文単語帳の使い方


古文単語帳に取り組んだか否かで得点力に差がつく、というのは理解していただけると思います。

一口に得点力と言っても、身につけなければいけない力は細かく2種類あります。高得点を狙うことのできる力、低得点を絶対に取らない力、の2つです。

古文は英語や漢文よりも、知識無用の勘である程度解けてしまう場合が多い。それが問題なんです。

というのも、勘がうまくハマれば高得点も狙えるので、先に述べた得点力の1側面は見かけ上達成することができます。一方、勘が機能しないと低得点に陥りやすい。得点力のもう1側面が身につかないんですね。

高得点もあり得るし、低得点もあり得る不安定な状況のまま、本番に望むのは絶対に避けたいところ。本番で勘が機能しない場合が訪れたとしても、何の言い訳もできませんからね。

というわけで、古文において最重要といっても差し支えないポイントは、いかにして勘に頼る要素を減らすか、です。そして勘でごまかしがちな最たる要素として、古文単語を挙げることができます。

世に出回る古文単語帳に取り組む際、気をつけるべきことを以下にいくつか紹介します。堅実に知識を増やして長文読解で体系化の流れを守る。おすすめ古文参考書10選の記事では、市販されている単語帳をいくつかレビューしていますので、こちらもあわせて参考にしてください。

複数冊をつまみ食いするより1冊を完璧に仕上げる


古文に限らず、受験生にありがちなミスの1つに、複数の参考書を手当たり次第買ってしまう、というものがあります。

自分の成績に不安がある受験生ほど、焦りからあれこれと参考書に手を出しがちなのですが、その割に買った参考書全てに取り組むことができず、いわゆる「積み本」が増える一方。

そうなってしまえばもちろんお金の無駄ですし、こと古文に関して言えば、そもそも複数の参考書に手を出すこと自体時間の無駄といえます。

英単語であれば1000単語や2000単語も覚えなければいけませんが、古文単語は高々500語で十分。市販されている古文単語帳のほとんどは掲載量の点で不足ありません。

複数冊の参考書を「つまみ食い」するような学習をしていると、かえって必要な知識を網羅できないことがあるんですね。不安な受験生ほど、複数冊に手を出すより、1冊にがむしゃらに取り組むことを心がけると良いと思います。

単語帳からインプットするだけなく読解でアウトプットするまでが暗記


暗記作業というと、単語帳に食らいついて読み込む……というイメージがついてまわりがちです。しかし、単語だけ完璧に覚えるのでは不十分。

というのも、我々は古文を正確に読み解くために単語を覚えようとしているわけです。いわば、古文という敵を打ち破るための武器として単語を調達している。調達した武器も、実践で使えないと無用の長物と化してしまいます。

「この単語の意味は何?」と問われれば即答できる。しかし、その単語が問題文中にしれっと出てくると意味が思い出せない。インプットばかりやっていてアウトプットを怠ると、このような状況に陥りがちなんですよね。

もちろん単語帳を読むインプットの段階も必要ですが、インプットした古文単語の知識を、問題演習のなかで思い出しアウトプットできるかを必ず確認しましょう。そこまでやって初めて暗記したといえます。

アウトプットの具体的な仕方については、以下のようにします。

古文読解に取り組む際、必ず全文を細かく現代語訳するようにします。そうすることで、文法面の復習とともに、自分がどの箇所を勘に頼っていたか=知識に基づかずフィーリングで訳していたか、をはっきりと炙り出すことができるんです。

なんとなくイメージはできていたけど、言語化できるほどには定着していなかった単語が見つかれば、それを頭に叩き込みます。この段階を経ることで知識は一層定着するんです。

というのも、次に同じ単語を別の文章で目にした時、「あの時の演習で間違えた単語だ!」という風に連想しつつ思い出すことができるので。

文法書・文法練習帳の使い方


まず、高3の段階で文法練習帳を買って取り組もうとしているならば、その時点で他の受験生に遅れをとっていることを自覚しなければいけません。

古文読解に必要な最低限の知識は、高2までの学校の授業でひと通りさらっているはずだからです。

そんなわけで、古文文法に関する参考書に取り組む時は、ある程度の勉強の質を確保しつつ、効率重視で行ってもらいたいと思います。

気をつけるべきは、授業で習った文法の基本事項を身につけている受験生です。もちろん定期的に復習しなければ忘れてしまうのですが、文法事項の復習をするのに文法練習帳を用いるのは効率が悪い。

むしろ、文章を品詞分解したり現代語訳する作業を通して文法知識を固めていった方が、知識が体系化されて実践的。

品詞分解や現代語訳さえもおぼつかないような受験生こそ、文法系の参考書に取り組むべきなんです!

おすすめ参考書については、堅実に知識を増やして長文読解で体系化の流れを守る。おすすめ古文参考書10選で紹介しています。必要な方は参照してみてください。

読解問題集の使い方


問題演習しようと一口に言いますが、ここでも陥りがちなワナが存在します。

古文に関しては、ただ与えられた記号問題を当てれば良いというものでもありません。以下に説明します。

「なぜ自分はこの問題を解くべきなのか」を常に意識する



古文に限らず、問題集を明確な目的もなく解き散らかすようではなんの成果も得ることができません。

みんながやっているから、やれと言われたから、といった動機で勉強する受験生は悲劇を迎えがち。どうしてこの参考書を今やるべきなのか?なぜ問題演習をすべきなのか?といった目的意識を常に働かせるべきです。

忙しい受験生にとって、自分に必要な勉強を優先してこなすことができない、というのは致命傷となります。

極端な例だと、数学はある程度できるけど英語は苦手な受験生が、数学の教科書傍用問題集ばかり解いて英単語帳に取り組まないような場合。そういう人を見かけたら、「いや、英語やれよ!」と思いますよね?

そういう人は、勉強する振りこそうまく演じていますが、合格のために必要な、英語の苦手を克服するという作業を怠っている点で、ただ時間を浪費しているだけと評価せざるを得ないんですね。

問題演習は全文正確に現代語訳できるか確認するところまで行う



御託はこのくらいにして、古文の問題演習は何の目的で行うべきか考えておきましょう。

結論から言うと、古文読解は文法や単語知識の確認と体系化のために行います。

古文単語帳の使い方でも述べましたが、出会った文章を品詞分解・現代語訳することにより、文法帳や単語帳の中だけでしか通用しない知識を実際の読解で使える形に仕上げることができます。

大学受験で出題されるような古文は、本文を正確に現代語訳することさえできれば、設問の大半をクリアすることが可能。

現代文のように、行間を埋めるような物語の深読みが必要な場面は多くありません。せいぜい和歌の解釈くらいじゃないですかね。

とにかく、受験生は古文を正確に現代語訳できるよう努めるべきなんです。主語の補足、敬語の方向といったテクニックをそこに肉づけしていくイメージ。

「柿を食ひけり」みたいな、文法事項の確認を目的とした和訳問題は解けるんです、少し勉強すれば。その力を長文読解にも通用するレベルまで昇華させましょう。