勉強法

センター現代文で80点超え(8割)するのに欠かせないポイント

センター現代文で80点超え(8割)するのに欠かせないポイント

GMARCH、地方国立大を目指すならセンター現代文の最低ラインは8割


受験生の大半が受験するといって過言ではないセンター試験。

国公立を受験する人はもちろん、私立をセンター利用で出願する人も多いのではないでしょうか。

センター試験は、全受験生の平均が6割前後になるよう作成されています。つまり、6割や7割ではGMARCHなど難関大には合格できません。

各大学のセンター現代文最低ラインはこうなります。

旧帝国大・早慶上智 85
地方国立大・GMARCH・関関同立 80
日東駒専・産近甲龍 75

センター利用をしないとしてもセンター現代文で8割を取る実力がないと難関大の合格は難しいです。

センターの科目の中で、現代文は他科目に比べ得点に直結する対策が難しい科目。

例えば、古典や英語なら単語と文法、数学なら公式や解法などを暗記することが直接得点につながります。しかし現代文にはこのような直接的な有効手段がないため、効率的な対策が難しいのです。

そんなセンター現代文で8割超えのために欠かせないポイントを紹介します。

センター現代文で安定して8割を取り続けるには『評論9割、小説7割』を目指す



国語は点数が安定しにくい科目。その中で安定して8割を取り続けるためには『評論9割、小説7割』が原則です。

理由は、評論は理論的な展開で根拠も見つけやすく、一方で小説は多少の当たり外れがあるから。

小説で高得点を取るには、接続詞や指示語など国語的なテクニックの他、筆者や登場人物に共感できるかも重要になります。しかし、その筆者に共感できるかは個人差がかなり大きいところ。

まったく同じ設問でも、筆者に共感できる人はすらすらと解答でき、共感できない人は解答解説を読み込んでも『何でそうなるのか分からない…』ということも起こり得るのです。

共感できない小説は丁寧に読み込んでも高得点は難しく、したがって小説の点数は安定しにくくなります。

その一方、評論は小説のような共感力は必要なく、本文を正確に読み取れさえすれば誰もが同じ解答に辿り着きます。

また現代文で9割、つまり45点を取るためには、設問一の漢字問題(各2点×5)、または設問6の複数選択問題(各4×2)を1問だけ間違えるだけにとどめる必要があります。

しかし小説での7割の35点は、7点や8点の高配点問題を2つまでなら落としても7割には届きます。

正確に読めば必ず正答出来る現代文で9割を目指し、小説では平均点を上回る程度押さえておくことで、安定して現代文で8割を取りやすくなります。

センター現代文は評論だけ見直し、小説は見直ししない



8割を目指す上で評論が小説より重要であるというのは先述の通りです。

現代文を解く際の時間配分は、評論15分、小説15分、見直し10分。

ポイントは、見直しは評論だけということ。

というのは、小説は解釈の余地が多く読めば読むほど迷ってしまうことが多いからです。

選択問題で1番初めに選んだ選択肢が正解である確率は70%と言われています。

一方で評論は、書いてあることに解釈の余地はなく、解釈出来るとすれば正解と同じものだけ。

評論は咀嚼すればするほど解釈が容易くなり、小説はその逆であることを覚えておいてください。

センター現代文は本文を一気に全て読まない



評論小説に関わらず、本文を一気に全て読まないようにします。

理由は2つ。時間短縮と、余計な情報を排除するためです。

本文を読み終えた後に問題を解くと、本文中の問われている箇所を読み直す作業が必要になります。本文中で問題に当たればその都度問題を解いていきましょう。こうすることでタイムロスが防げます。

また、本文を全て読んだあとでは各問題に不必要な情報を頭に入れたまま問題を解くことになります。本来その問で問われている箇所ではないのに、本文中にあったからと惑わされてしまうことも多いのです。

センター現代文の評論は本文よりも選択肢を精読し、本文+自分の解答と照らし合わせて解答



センター評論を難しく感じる要因として、ひとつの選択肢が長いことが挙げられます。

評論文を解くときのポイントは、本文より選択肢の方が大事ということ。

現代文の解き方の手順はこうなります。

1.自分で解答がどんなものになるか推測する
2.明らかに違う選択肢を消去
3.自分の解答に合うか、明らかに正解だと思う選択肢を選ぶ or 迷う選択肢を精読して違いを見つける
4.本文と見比べて選択肢を選ぶ

センター国語の基本は消去法です。しかしいきなり選択肢の消去に走る前に、一度自分の頭の中で解答を作ります。

そして選択肢を精読。『何が』『何を』『どうして』『どのように』など、書かれている情報は何一つ見逃さないよう意識しましょう。


1.音楽家は、新しい曲を作ることを期待されているが、多くの曲が作られてきたことで、自分が考え出したメロディーに前例がある可能性が高くなるため、オリジナルな曲を作るのが困難になってきているから。

2.音楽家は、新しい曲を発表することで社会的な認知を得ていくために、たえず新しい曲を発表しなければならず、過去のメロディーを自作の一部として取り込むことが避けられなくなってきたから。

平成27年度センター試験 国語 第1問 問3



1と2の違いを精読で考えてみましょう。

1と2が一見似たようなことを言っているように見えるのは、主語がともに音楽家であること、そして『新しい曲を作ることを期待されている』『新しい曲を発表することで社会的な認知を得ていく』が同じような意味であることが理由としてあげられます。

1の精読を進めていくと『多くの曲が作られてきたことで』とあります。『~なことで』とあれば、~によって何かが起こったと続けられるはずです。何が起こったのでしょうか。

『自分が考え出したメロディーに前例がある可能性が高くなるため』とありますので、『今までに膨大な数の曲が作られてきたので、パクリではなく自分で思いついた曲ですら、それによく似た前例がある可能性が高い』とつながります。

そして最後の『オリジナルの曲を作るのが困難』になっていくのですね。

分かりやすい言葉に直すとすれば、『今までに膨大な数の曲が作られてきたので、自分で思いついた曲ですらその曲によく似たものが過去に作られている可能性が高く、結果まったくのオリジナルで目新しい曲を作るのは困難になってきているから』といったところでしょう。

では2の精読に移ります。

『たえず新しい曲を発表しなければなら』ないのは、その前が理由になっています。社会に認知されるために新しい曲を発表するのですね。

たえず新しい曲を作らなければならないので『過去のメロディーを自作の一部として取り込むことが避けられなく』なったとあります。つまり『新曲を作り続けるためには、自分のオリジナルだけでは追いつかないので過去のメロディーを自作の一部として使う』ということです。

こちらも分かりやすい言葉に直しましょう。『音楽家は社会に認知されるためには常に新しい曲を発表しなければいけないが、自作を一からすべて考えていては発表すべきペースに追いつかないため、過去のメロディーを一部パクって新曲を次々発表する』となります。

一見似ているように見えた1と2が、実はまったく逆のことを言っていることが分かりますね。1では『自分が思いついた曲でも過去に似たような曲が作られている可能性が高い』と言っており、2では『たえず新曲を発表するために過去の曲を使う』と言っています。

このように選択肢が長く精読が必要な設問は、設問2以降すべて。設問2以降の問題はすべて1問8点の高得点なので、精読の出来不出来が点数を大きく左右するのです。

センター現代文の小説は視点と登場人物の心情の移り変わりに注目し、自分の考えは一切排除して解く



センター小説で意識すべきことは2つ。『どの視点で書かれているか』と『登場人物の心情はどこでなぜどのように移り変わったか』です。

まず視点に注目します。その心情が筆者のものか登場人物のものか、登場人物なら誰のものかを判断するためです。

小説の選択問題では『誰がどんな気持ちで何をしたか』を問われます。しかし地の文の心情に主語がかかれていることは少なく、『誰が』が分かりにくくなっています。

ここで主語の代わりになるのが視点です。『そう思ったのは誰か』を意識することで書かれていない主語が見えてきます。

次に、登場人物の心情の移り変わりを把握します。

心情の変化は後半の高得点問題で問われます。場面、きっかけ、どんな心情からどんな心情になったかの3つを押さえてください。

冒頭から最後まで、どのように移り変わっていったのかを書き出せる程度まで具体的に整理することが重要です。

そして最後に、小説で高得点を狙うために何よりも大切なのが『自分の考えは一切排除すること』。

小説は解釈の余地が大きいということは先述しました。小説に自分の考えを補って読んでいくと、解答の解釈からどんどん離れていってしまいます。

解釈の余地が大きいからこそ、自分で解釈することは避けて小説では文字を文字通りに読み取ることが得点への近道なのです。

センター現代文8割超えのために最高の参考書は過去問と予想問題集



現代文は対策が難しいと同時に参考書や問題集選びに苦労する科目でもあります。

巷には読解方法を解説する参考書があふれていますが、センター現代文8割超えのために最高の参考書は過去問と予想問題集です。

センター国語は慣れがものを言います。実際『初めてのセンター模試では4割だったが1年対策を続けたら本番直前では8割程度は取れるようになった』という話はよくあります。過去問は特別扱いせずに問題集のつもりで解き進めましょう。

過去問や予想問題集は、1度解き終わっても満点が取れるまで何度も解き直します。

この作業は、文章の展開や構造を把握する練習になります。満点が取れないと言うことはその文章をまだ理解できていないということなので、解き直しは決して無駄にはなりません。

また、センター現代文の難易度は難関私立の現代文に相当します。センターに比べ、私立は出題文章全体は難しくても選択肢が易しいことが多いのです。

したがって『私立現代文の対策をしていればセンターも大丈夫!』ということにはなりません。

逆に、センター現代文の対策は私立現代文の対策にもなります。国語では『~とはどういうことか。』『~なのはなぜか。』と言うように、センター私立問わず問題のパターンが数少なく限られているからです。

『~とはどういうことか。』と問われている問題は、文章が違えど問題の答えにつながる該当箇所を探す作業は同じ。次に該当箇所を読み込みますが、該当箇所はせいぜい数行と極めて限定的なので、出題文章全体の難易度は影響しません。

私立現代文は選択肢が易しいので該当箇所を読み込めば解答可能ですが、センターは選択肢が難しいのでさらに『選択肢を精読する』作業が必要になるのです。

センターが私立より難しいのは現代文だけです。他の教科と異なるので注意してくださいね。

画像引用:instagram.com