勉強法

現代文をフィーリングに頼らず解く方法は間違えた理由をストックしていくこと

現代文をフィーリングに頼らず解く方法は間違えた理由をストックしていくこと

大半の人は同じ間違いを繰り返していることにすら気づかない


現代文の対策をするもののなかなか成績が上がらず、結局現代文はフィーリング次第の科目で勉強のしようがない、と思っている人はいないでしょうか?

そういう人に限って、現代文を解いた時に同じ間違いを繰り返していることが多いです。

現代文における同じ間違いとは、言いすぎている選択肢を選んでしまう、本文に根拠が無い選択肢を選んでしまう、という例のように意識していれば間違いを防げた問題で間違うことです。

どうして同じ間違いを犯してしまうのかというと、自分が過去に解いてきた問題がどのような理由で間違えたかを意識してこなかったからです。

「どのような理由で間違えたか」という根本的な理由を、なんとなくで済ましてしまう、つまりフィーリングで終わらしてしまうことが、現代文はフィーリングで解かなければならない、と思ってしまう根源的な理由になります。

現代文の細かいノウハウは体感して得ていくしかない


先ほど述べた、現代文における同じ間違いとありますが、これはここで列挙できるようなものではなく、自分で解いて蓄積していく必要があります。

例えば、言い過ぎている選択肢を選んで間違いになることもありますが、この時の言い過ぎ度合いは選択肢からわかるものではなく、本文全体との関係でわかります。

そのため「言い過ぎな選択肢はダメ」というアドバイスを単純に知っていたとしても何が言い過ぎなのかがわからないため対応できません。

自分の中で「前に解いたあの問題の選択肢で言い過ぎくらいだったから今回は言い過ぎの選択肢として落とせる」とノウハウとして体得しておく必要があります。

問題を解いたら解説に自分が間違えた理由を書き込んでおく


では、ノウハウとして体得するために必要なことはというと、問題集に自分が間違えた理由を書き込んでおくということです。

現代文の問題集を解く際に、何問か間違えると思うのですが、その際に「なぜ間違いなのか」「どうしていたら間違えずに済んだのか」を書き込んで置くようにします。

「なぜ間違いなのか」については難しく考える必要はなく、たいていの参考書の解説に既に書かれているので、解説に線を引く、または、自分の言葉で書きなおしておくなどすれば、間違えた理由はわかります。

「どうしたら間違えずに済んだのか」は詳細に書き込んでも面倒になるだけなので、「言いすぎていないかチェックする」「根拠を見つけてから選択肢を選ぶ」など簡単に書くだけで大丈夫です。

こうして間違った理由をフィーリングで済まさずストックしていくことで、現代文をフィーリングに頼らない方法で点数を上げていくことができます。