勉強法

英作文・英文解釈・リスニングの対策は長文読解を固めてからする

英作文・英文解釈・リスニングの対策は長文読解を固めてからする

長文読解を英作文・英文解釈・リスニングより優先したい理由は2つ


英語の模試で点数が思うように取れないときに、英文解釈・英作文・リスニングがボロボロだからと言っていきなり英文解釈・英作文などの個別分野の練習に取り組めばいいと考えるのは認識が甘いです。

分野別に勉強し始めるのは、英語長文の点数が確実に取れるようになってからにすべきです。その理由は2つあります。

第一に、英語長文は英作文・リスニングとは比べ物にならないくらい入試では比重が高いからです。

英語長文は英語の試験であればセンター試験であれ、私大入試であれ、国立2次であれ必ず問われます。一方で、英作文・英文解釈などが問われるのは記述式試験のある私大と国立2次の一部くらいです。

つまり、まず長文読解をマスターしないことには英語の得点力を伸ばすことはできないということです。

模試では英語長文と同じレベルで英作文・英文解釈が問われるので勘違いしてしまいがちですが、受験における重要性は異なります。個別の分野を対策する前にまずは長文読解に取り組みましょう。

個別の分野に特化して勉強するのは基礎力が固まってからでないと効率が落ちる理由



前では英語長文の重要性の観点で述べましたが、勉強する上での効率性の面でも最初から特化したやり方には問題があります。

効率的に勉強しようと思えば英作文の際にこなれた和訳を見ることで訳し方を学び、英文解釈の際に、英語での表し方をついでに覚えると良いです。

このように英語の勉強は、英作文なら英作文、英文解釈なら英文解釈と個別にするのではなく、双方向的に勉強する方が圧倒的に効率が良くなるのですが、ある程度の語彙や文法の運用能力がないうちは丸暗記に頼らざるを得なくなってしまいます。

丸暗記をしてしまうと英語一般に当たり前のことと、英文解釈・英作文のコツを同じ重要度で覚えてしまうことになるので効率が悪くなります。

ある程度の語彙・文法力というのはどうしたら身につくのかというと自力で読める英語長文が十分に多くなってからです。

成功する勉強順は英語長文を固めてから英作・和訳など個別の分野に取り組むこと


以上の理由から英作・和訳などの分野をする前に長文読解を固める方が良いことはわかっていただけたと思います。

具体的にどの程度英語長文を固めれればいいのかというと、長文問題集一冊分の英文が自力でスラスラ読めるようになってからです。

問題集の長文を書き込みなしで読めるようになれば、基本的な語彙や文法力は身についているといえるので、英作文の問題集などで個別の対策をして他の受験生と差をつける勉強をしましょう。