勉強法
# 数学

数学で計算ミスに気付くには『計算した直後』と『解き終えた後』で見直し方を変える

数学で計算ミスに気付くには『計算した直後』と『解き終えた後』で見直し方を変える

文字通り見直しをしてもミスは絶対に減らない


試験時間は余り見直しもしっかりしたのにケアレスミスに気付けなかった、という人が少なからずいます。そういった失敗の原因は間違った方法で見直していることにあります。

一番多いのが、文字通り自分の書いた答案を見直すだけの人。文字面を追っているだけではミスが減らない理由は主に2つあります。

1つ目は、最初に解いたときに計算が大変だった部分を忘れてしまうから。2つ目は答案を読んでいると同じ思考を繰り返すだけになりやすいからです。

この2つの弱点は、2種類の見直しを使い分けることで克服できます。

計算したらすぐにもう一度計算し、解き終えたら全く違う視点から確かめる


一つ目の見直しは、計算をした直後でもう一度計算しなおすもの。ポイントは、計算したらすぐに行うところにあります。

間違えているかもしれないと思った時にすぐに見直すことで、不安なとこに集中してチェックすることが出来ますよね。簡単な足し算ミスなどはここで直せます。

2つ目の見直しは、問題を解き終えた後に全く違う視点から確かめるもの。例えば因数分解の問題では、展開することで確かめが出来ますよね。

違う方法で確かめて、同じ答えが出てきたら正解の可能性はかなり高いです。別解が思いつかない時でも違う視点で見直すことがポイントです。

例えば確率であれば「サイコロを2回振って2回とも1が出る確率」が1/3と答えが出たとします。計算を見直しただけではミスに気付けなかったとしても、冷静に考えれば数値が大きすぎることに気づくと思います。

これも違う視点で答案を見直しており、ミスに気付くきっかけになります。

見直しをするべき問題の優先順位は決まっている


上の2つ目の見直しについて、すべての問題を一通り解き終えたらまず一番に見直すべき問題は決まっており、それはずばり各大問の(1)です。

ほとんどすべての問題で、(2)以降は(1)の答えを使って解くことになります。(1)でミスをしていたら、(2)以降は考え方が正しくても当然点は来ません。なので(1)を解くときはいつも以上に慎重に解くべきですし、必ず見直しをすべきです。

ちなみにもし(1)の見直しも終わった場合は、正解の自信がない問題、次に配点が高い問題を見直すと点に結びつきやすいです。