勉強法

寝る前に明日の勉強スケジュールを確認すると勉強時間が2時間増え質も上がる

寝る前に明日の勉強スケジュールを確認すると勉強時間が2時間増え質も上がる

勉強時間を勉強する時間になってから決めるのは最悪


今回は「平日の勉強」というテーマにピックアップして話を進めていきます。

というのも受験生といえども平日は学校があるので勉強時間が限られていますし、1,2年生はさらに学校に加え部活もありますから家に帰ってからの勉強時間が3時間とれるかどうかといったところでしょう。

平日の勉強時間は貴重ですし、最大限活用したい。

ただ、勉強する内容を勉強する時間になってから考える人は勉強時間が短いでも述べているように、勉強し始める時に「何を勉強しようかな?」と考えてる間にどんどん時間が過ぎていくのですね。

「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」、そして優先順位も考えてて結局本当に勉強したのは30分程度だった、なんてことも珍しくありません。

「勉強時間」= 「作業している時間」です。

何をしようか考えている時間は勉強時間ではカウントされません。


寝る前に明日のスケジュールを確認


1週間ごとのスケジュールを立てている人は問題はないですが、あまり計画を立てていない人はやはり勉強時間が減る傾向にあります。

その1つの解決策として「寝る前に次の日のスケジュールを確認」することをおすすめします。

寝る前だと1日勉強して疲れていますので、勉強自体はあんまりやりたくないですしやっても集中力が低い状態なので効率が悪いです。

だったら、次の日のスケジュールを確認して、何時に何をやるか決めてしまい、何を勉強するか考える時間を持ち越さないようにしてしまえばいいのです。

平日の勉強時間と質を最大化する


受験生は特にそうですが、受験生は毎日毎日本番が迫ってきています。

土日はもちろんですが平日の勉強可能な時間を全て「勉強時間」にするためにも無駄な時間は減らさなければいけません。

まずは自分が勉強が可能な時間において本当に勉強している時間はどれくらいなのか、確認することが勉強時間の最大化への第一歩です。