勉強法
# 英語長文
# 英語
# 参考書

やっておきたい英語長文500の本当に読解力が上がる使い方

やっておきたい英語長文500の本当に読解力が上がる使い方

講師目線で見たやっておきたい英語長文500の難易度


難関大合格の登竜門の問題集と言っても過言ではない河合塾の長文問題集『やっておきたい英語長文500』。本屋では必ず目立つ場所にありますし、学校の先生や塾・予備校の先生でもおすすめする人が多いようですね。

やっておきたい英語長文に限らず、長文問題集は使い方が大事であり、その使い方を教えてくれる人は非常に少ないです。

受験生からはMARCHレベルと思われているやっておきたい英語長文500ですが、講師から見てもMARCH程度の難易度で質の良い長文がそろっていると言えます。

下の写真の目次を見ても、500語程度で東北大、東工大、神戸大、北海道大、立教大、一橋大などの難関大学の長文があります。

やっておきたい英語長文500・目次

もちろん、この大学の長文にしては簡単なものであるということは否めませんが、読解力をつける長文としては非常に良質です。

また、やっておきたい英語長文500はセンター模試で7割(140点)程度の受験生が手を出して、読解力を伸ばす事ができる問題集ですね。

センター7割程度でMARCH、早慶志望の受験生で、どの参考書が良いかわからないという人は調べたり人に聞く時間がもったいないので、とりあえずやっておきたい英語長文500に挑戦してみてください!

やっておきたい英語長文500が最適な受験生


やっておきたい英語長文500は早慶、MARCH志望の受験生に土台となる長文問題集として使うとかなり効率的です。土台となる長文問題集というのは、自分の長文読解力の基盤となる何度も繰り返し復習した問題集という意味。

MARCHレベルの長文を繰り返し復習した人は初見でも、復習した長文以下のレベルなら初見でも読めます。

例えばやっておきたい英語長文500はMARCHレベルですので、この問題集を書き込みのない状態ですらすら読めるようになれば、センターや日東駒専やMARCHの難易度の低い学部は、基本的に読めちゃうんです。

なので早慶やMARCH志望の人は、この問題集を土台としてやっておきたい700や他の難しい問題集や過去問に取り組むと、さらなる偏差値アップが見込めます。

ただ使い方次第ではやっておきたい英語長文500で偏差値65まで到達できるので、繰り返し読み込めば必ず成果は出ると思いますよ。

やっておきたい英語長文500で偏差値アップするために


いきなりですが、以下の3つに当てはまる人は、やっておきたい英語長文500をやっても成績が伸びない人です。


  1. 私立は主に4択問題しか出ないという理由で、記述問題を解かない・できるようにしない人

  2. 一度読んで丸付けをして終わってしまう人

  3. 分からない単語などのメモのある状態で復習する人



私立志望だろうと、国立志望だろうと、問題集は全ての問題をできるようにしないと成績は伸びません。そもそもこの問題集の著者である河合塾のプロ講師の人たちは選択式の問題をわざわざ記述問題にかえているのです。

なぜ記述にするかというと、記述の方が選択問題より考えるからです。

ですので、考えた方が実力がつきますよ!とプロ講師が考えた質問を無視するのはただの大損なのです。記述も絶対に完璧に解けるようにしてくださいね。またやっておきたい英語長文を自力で理解するのは本当に難しいです。

というのも、あのレベルの問題集となると学校の先生や講師の解説がない状態のままだと半分も理解していないことが多いんですね。

経験上、これどういうことか説明して!と生徒に言うと、ほとんどわかっていないことが多く、生徒は『あ、表面上しかわかっていなかった』と気づくのです。

勝負の夏、ほとんどの受験生は成績が変わらないまま秋を迎える


第一志望合格を目指しているけれど、偏差値がまだ全然足りない、模試ではD判定、E判定が当たり前。


この夏、勝負をかけて一気に偏差値をあげようと思っている方も多いと思いますが、実際のところ夏休みに成績が上がるのはほんの一握りで、ほとんどの受験生は成績が上がりません。


その理由としては成績の上がる勉強法を行っていない、インプットのスピードが遅い、問題集の復習が自力で行えないといったところが主なところでしょう。


そこで一度試して欲しいのが「スタディサプリ」(旧受験サプリ)。ご存知でしょうか?CMでも話題になりましたね。



>>スタディサプリの公式HPはコチラ<<



スマホ、タブレットでプロの予備校講師の授業が見放題、GMARCHや早慶、国立の志望校別対策の講座やセンター対策講座、高1、2年生向けの通年講座もあります。



『月額980円(=問題集1冊分の料金)のみ』『14日間無料なので合わなければ辞められる』のでとりあえずプロ講師の授業がどれだけ学校や一般の塾・予備校の授業と違うか体感してみると良いかと思います。



第一志望現役合格を本気で目指している人にとっては会員登録さえすれば過去問を無料でダウンロードできてしまいますし、GMARCH,早慶の志望校別の対策講座も好きなだけ観れます。





いまなら1ヶ月無料+Amazonギフトカード2,000円分がもらえるので、実質3ヶ月間無料で受講ができます。





この機会に超一流プロ講師の通年講座、志望校別対策講座などの各教科の授業を見てみてください!


>>1ヶ月無料のスタディサプリを試してみる<<