勉強法

受験生が早慶上智に惹かれるのは大学のブランドとイメージ?

受験生が早慶上智に惹かれるのは大学のブランドとイメージ?

早慶上智という揺るがないブランド


なにがなんでも早稲田、慶應、上智に行きたい!と死ぬほど努力する受験生がいますが、これほど受験生を燃えさせる『早慶上智』というブランドはいったいなんなんでしょうか?

私自身も高校3年時には早稲田大学文学部を志望し、何が何でも『早稲田』に行く!と本気で勉強した記憶があります。でもそれほど、早稲田に魅力を感じてました。

そして早稲田の文学部落ちた私は慶応義塾大学文学部に進学し、早慶戦では慶應側で早稲田を倒せ!と応援したこともあります。

今は早稲田の人はなんか好きじゃないというそのへんにいる慶應出身のひとになってしまったのですが(汗)

早慶上智のイメージだけで志望校を決めている受験生が大半


早慶上智に行きたい受験生といっても早稲田に行きたい人、慶應に行きたい人、上智に行きたい人、早慶上智どこでもいいから行きたい人の4パターンに分かれます。

オープンキャンパスに行ったり、その大学の先輩と話したりする受験生もいると思うが、その『大学のイメージをもとに志望校を決めている』というのが持論です。各大学のイメージとしてあげられるのが以下の通り。

早稲田大学のイメージ

 
『ちゃらい』『飲み会ばっかり』『変人が多い』『大隈講堂がかっこいい』『スポーツが強い』

早稲田大学 www.toshin-nerima.com

慶応義塾大学のイメージ

 
『慶應ボーイ』『おしゃれ、かっこいい』『お金持ち』『プライドが高い』『福沢諭吉』『女の子かわいい』

慶応義塾大学www.change.org

上智大学のイメージ

 
『キリスト教』『お金持ち』『おしゃれ』『帰国子女ばっか』『ソフィアガールかわいい』

上智大学geinougossips.com

もちろんイメージ通りのことも多いですが、そういうイメージを持って入学するため、そのイメージ通りの人や現象を見ると、『あ、やっぱり』となるのです。

ただ慶應出身の身としては早稲田と慶應の人は確かに若干気質が違いますね。

早慶上智に惹かれる理由


1つ明らかなのはMARCHよりも明らかに早慶上智の方が大学のイメージにおいて『インパクト』が猛烈に強いことです。

受験生はそれに惹かれます。慶應に行けばもてるんじゃないか、が良い例(笑)

元講師として私は受験生のモチベーションは何でもいいと思っています。大学のイメージにひかれることは悪い事でも何でもありません。。

受験生が早慶上智に惹かれる理由としてもう1つ『高校3年時までに獲得できる最も大きなブランド』であること。

ブランドを手にすると、自分が評価されていると勘違いするのです。例えば慶応大学の〜です。と名乗ると『慶應なんだ〜すごい!』とたまに言われます。(慶應生なら一度は経験します)

すごいと言われているのは慶應なのに自分が評価されていると勘違いします。これがブランドのすごいところなんですね。

受験生が生きてきた18年間で一番世の中で認められているブランドを手に入れることができるんです。

早慶上智に合格するといろんな人からすごいすごいと言われまくるんです。最高に承認欲求が満たされます。

まとめると受験生は『早慶上智のイメージとブランド』に惹かれて死ぬほど努力していると言えるのではないでしょうか。入学してから大学の名前を使いまくる人はかっこわるいですけど(汗)