勉強法
# 過去問対策
# 英語長文

過去問の使い方!受かりたい学部の英語長文を音読すべき理由

過去問の使い方!受かりたい学部の英語長文を音読すべき理由

受験学部の英語長文を音読?


この記事タイトルをみて「え?過去問を音読するの?過去問は普通直前までとっておくものでしょ」と思った人もいるかもしれません。

受験生の中には過去問は自分が今どれくらい解けるか試すものといった認識をしているかもですが、その活用法正直微妙です。

点数だけとれても何の意味もないですからね。

何度も音読する事によりそのレベルに頭が慣れる


英語長文を音読して長文読解力が伸びる2つの理由でも同じようなことを言っていますが、過去問を音読する事によってそのレベルの長文を英語のまま理解できるようにすることが音読する最大の目的です。

簡単な話で、早慶上智の長文を音読でスラスラ読めるようになればMARCHレベルの長文は簡単に感じるということです。

なので、MARCH志望の人でも早慶上智の過去問を無理矢理解けるようにし、音読を繰り返せばMARCHの長文は簡単に思えてくるのです。

一度自力で過去問を解き、和訳や解答を見ながら復習、そして書き込んでいない長文を何度も音読する事、これは確実に合格に近づきます。

もし全ての受験する学部の過去問を解き終えてしまったら


もし全ての受験する学部の過去問を解き終えてしまったら、自分が受ける学部よりも上のレベルの過去問を解けばよいのですが、おそらくその心配はないでしょう。

なぜならほとんどの受験生が過去問を消化しきれていないからです。ここでの消化は解いてまるつけ、点数を出しておわりではありません。

最も効率的な解き方をかんがえ、設問ごとの時間配分が決まっており、全ての問題でなぜそれが答えになるかを人に説明できるレベルまで復習しなければできるようになったとは言えません。

逆を言えばここまでやらなければ過去問で成績を伸びる事はほとんどないでしょう。まるつけ出して終わる人なのか、それとも復習まできちんとして過去問で成績を伸ばすのか、それはすべてあなた次第です。