勉強法

受験勉強のモチベーション・やる気が下がったときの即座の対処法とは?

受験勉強のモチベーション・やる気が下がったときの即座の対処法とは?

なぜ受験勉強のモチベーションが下がるのか


受験生であればモチベーションが下がって勉強のやる気がゼロになってしまうこともあります。しかし自分でも分かっているはずです、悩んでる時間がもったいないということを。

長年受験生を見てきて、モチベーションが下がるときというのはやっぱり感情面から来ているんですね。

このまま受かるか不安、今の偏差値じゃ受からない、こんな問題が解けないんじゃ絶対受からない、もうどうでもよくなってきた、なんで受験しなきゃいけないんだろう?といった感じです(汗)

しかしよく考えてください。今どんな状況だとしても、あなたが絶対に志望校に受からない、ということは絶対にないということです。断言できます。

ほとんどの場合が受験生の思い込みなのです。不可能にしているのは受験生自身なのです。

感情を排除し、冷静に論理的に考えれば(それが難しいのですが)、あなたが第一志望に絶対に受からないという事はないと分かるはずです。

とにかく行動する


モチベーションが下がっているのを自覚したらとにかく行動してください。人間というのは悩もうと思えばいくらでも悩めます。

悩むというのは物事を複雑化する行為です。悲観的に考えれば、どんな悪い結果でも想定できちゃいます。その悩むエネルギーを勉強にあてたらどれだけ伸びるって話です(笑)では具体的にどのように行動すればよいのか。

答えとしては悩まなければ何でも良いんです。先生と話す、散歩する、遊ぶ、大学に紛れ込んでみるなんてのもありです。

私服で行けば全然ばれませんよ(笑)より複雑に悩まないために、行動するんですね。別に勉強でも大丈夫です。とにかくよけいな事を考えずにセンターを1年分解いてみるとかいいと思います。

本当によけいな事を考えずにスタートしてしまうのが大事です。受験生活をしていれば、モチベーションが下がる事はふつうです。なので、モチベーションが下がったときはこうすると決める、とにかく誰かと話す、など行動すれば必ず良くなりますよ!

勉強系のスマホアプリでモチベーションをキープする


モチベーションが下がった時高校生がついやってしまうこと、それは「スマホ」ではないでしょうか(汗)

やることがなくてもついさわってしまいますよね。もはやこれはしょうがないことです。

だとしたらスマホアプリで受験のモチベーションを管理できたり、受験に役立つようなものがあれば少しは時間を有効活用できますよね。

勉強時間をグラフ化する「Study Plus」




「Study Plus」は勉強を記録してグラフで可視化、タイムラインで共有して仲間と励まし合える学習管理サービスです。

自分の勉強時間がグラフ化されるので、このグラフをどんどん伸ばしたいということがモチベーションになりますね。

また、自分の努力が目に見えるのでそれがプラスの感情を生み、そのおかげでモチベーションを維持できる、とも言えます。