勉強法

高1,2生の定期テストを活用した受験対策をプロが教えます。

高1,2生の定期テストを活用した受験対策をプロが教えます。

定期テストで本気で受験対策をするには


高校1,2年のうちから受験対策をしておいたほうがいいっていうのは誰でもわかっています。

ところが定期テストを具体的にどのように活用すればいいかについてちゃんと教えてくれません。

ということで今回は定期テストで受験対策をする方法について簡単に述べていきます。

定期テストの単元を問題集で受験レベルまで仕上げる


1番大事なのはテスト範囲の内容を、受験対策も可能な問題集で徹底的に仕上げる事です。

数学だったらテスト範囲のチャートを何回もやる、日本史世界史だったらテスト範囲を問題集で仕上げるといった感じです。

3年生になってから1,2年生の範囲を復習するのは大変なので、定期テストのついでに受験対策をしてしまえばいいのです。

毎回のテストの積み重ねは3年になったときに大きく返ってきます。

テストのたびに受験対策にもなる問題集を毎回範囲のところだけ仕上げれば良いのです。

もちろん、その問題集選びは相当大事です。



英文法、数学、社会、理科はこの方法が最も生きる


英文法であればNext Stageなど単元ごとに分かれている問題集を購入し、それを範囲のところだけ繰り返しできるようになるまでやります。

数学であればチャートなど、社会・理科の場合も同様です。

問題集は何冊もやるより、2冊くらい完璧にした方が圧倒的に成績が伸びます。

ですので、完璧にする問題集を決め、テスト前だけ本気で取り組む。

普段は部活などで忙しいと思うので、テスト期間を生かす事が、夢の志望校合格の第一歩だと思ってやってみましょう!

*関連記事 今すぐ高1,2生が実践すべき英単語の暗記法