勉強法
# 英語長文
# 英語

早慶志望者が解くべき『やっておきたい英語長文700』のレベルと本当に伸びる使い方

早慶志望者が解くべき『やっておきたい英語長文700』のレベルと本当に伸びる使い方

やっておきたい英語長文700のレベルとは


やっておきたい英語長文700は河合塾のやっておきたい英語長文シリーズでもやっておきたい1000の次に難しい英語長文の問題集です。

早慶上智や最難関国公立志望の受験生でこの問題集を使っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、このやっておきたい英語長文700の難しさは解いた事のある人ならわかるはず、そして意外と解けたと思ったひとほど危険です。

今回はやっておきたい英語長文700のレベル、そしてこの>長文問題集を最大限に生かす使い方についてご紹介します!

やっておきたい英語長文700はイメージ的には>早慶上智の簡単な方の学部と同じくらいのレベルでしょう。下の写真を見てみましょう。

やっておきたい英語長文700

同志社大、早稲田大、東大、明治大、青山学院大、千葉大など難関私立、難関国公立の長文がそろっていますね。

ひとえに難関大学で出題された長文だからといって難しいわけでもないんですが、この長文は河合塾のプロ講師が選んでいるので質が高いと言えます。

やっておきたい英語長文700が最適な受験生


やっておきたい英語長文700を解くべき受験生は早慶上智志望、一橋大、東工大、京都大、東大などの最難関国公立志望です。

難しい和訳や記述問題が多く、国公立の人にとっては最適といえるでしょう。

私立は選択問題だから記述はやらなくていいじゃないかとおもうかもしれませんが、>早慶突破できる人っていうのはだいたい記述でも書けるんですね。

例えば早慶上智の過去問で下線部の意味に一番近いを4つの中から選べという問いはよくありますよね。

できる人はどうやって解くかというと、最初に選択肢を見ません。ではなにをするのか。

下線部を自分なりの言葉に言い換えて答えをイメージします。

その後、選択肢を見て自分のイメージしたものと近いものを選択肢から選びます。だから消去法は使いません。

この>答えをイメージする、自分の言葉で言い換える作業は、全く記述と同じなのです。

「〜とはどういうことか50字以内で答えなさい」と一緒です。

ゆえに記述もできるようにならなきゃだめなんです。

やっておきたい英語長文700で早慶レベルの読解力を




この長文問題集をクリアすればMARCHの英語長文は初見でも軽く対応できます。

では早慶上智、最難関国立大を受ける場合はどうすればよいのか。それは、やっておきたい英語長文700+受験する大学の過去問をやれば良いのです。

過去問とっておかなくていいんですか?という質問が来るかもしれませんが、

とっておくどころか早慶志望や最難関国立大の受験生は難しい大学をたくさん受験するので、とっておいてもとききれなくなってしまいます(汗)

早慶5学部受ける場合、3年分の対策で、英語だけで15個ですよ!厳しいです。なのではやいうちから点数など気にせず問題集代わりに解き、何度も復習すれば良いのです。

早慶上智、最難関国公立大に必要な読解力は、実際にその過去問を自分のものにしてしまうことでつけていけば問題ありません。

他の学部の過去問を解く!と意気込む人もいますが、そんな時間実際ない人がほとんどです。