勉強法
# 英語長文
# 英語

《英語長文を音読》して長文読解力が伸びる2つの理由

《英語長文を音読》して長文読解力が伸びる2つの理由

どんな英語長文を音読するか


英語長文の勉強法としてよく音読が勧められますが、なぜ英語長文の音読が英語力のアップにつながるのでしょうか。英語長文の音読するメリットを自分で把握せずにいると、音読に飽きてしまい挫折する可能性が非常に高いんですね。

まず前提として初見の長文を音読しても、内容を理解していないためつっかかってしまったり、単語の意味が分からずに読めないということが頻繁に起きてしまいます。ですので音読は復習した事がある長文でやるのが効率的と言えるでしょう。

一度読んだことのある長文でかつ復習した長文であれば、単語、文法、内容も覚えているので音読しながら意味がわからないということにはなりづらいですね。

もし音読していてつっかかればその部分だけ集中して理解すれば良い訳です。まず英語長文を音読する際は初見の長文でなく、復習した長文でやるべきだと述べました。ではここから本題。英語長文を音読するメリットです。

音読によって英語を英語のまま理解できる


英語長文を音読する1番のメリットは、英文の処理スピードが上がり、英語を英語のまま理解できるようになることです。

英語を英語のまま理解するというのは、頭の中でいちいち英語を和訳しないでも、無意識的に英語を理解できるようになる状態です。

英語長文を読むのが遅い人はほとんどの確率で和訳しながら読んでいます。しかしそれでは時間がかかりすぎます。

つまり、英語を英語のまま読む=英文を前からどんどん読めるということなのです。

関係代名詞や一つの文が長いとつい後ろから戻る、という読み方をしてしまいますが、前から読めるようになると、いちいち戻ったりしなくなるので圧倒的に読むのがはやくなります。英語長文の処理スピードが上がるのです。

英語長文を音読は成績アップの絶対条件ではない


英語長文を音読する事により、前から読む癖がつき、英語を英語のまま理解できるようになると述べましたが、英語長文を音読しないと読解力があがらないというわけでもありません。

真っ白で復習した質の高い長文を復習する方法で、前から読めるようになれば何の問題もないわけです。

ただ、英語長文を音読するとそれが強制させるのです。

つまり音読中は英語を英語のまま理解し、前から読まざるを得ないのです。音読するときは英語を前から読むしかないですからね。

そういう目的で英語長文の音読をすると非常に効果的ですね。音読がなぜ勉強法として勧められているか理解できずにやると本当に挫折してしまいますよ。

きちんとした長文の勉強法と目的を理解した音読をすれば、長文読解力アップが見込めます!