合格体験記

『この模試のB判定が自分のモチベーションを生んでくれた』2015年東大理科一類合格者の「第1回駿台東大入試実践模試」の対策と利用法

『この模試のB判定が自分のモチベーションを生んでくれた』2015年東大理科一類合格者の「第1回駿台東大入試実践模試」の対策と利用法

受験したすべての東大模試の判定を教えてください。


[table colalign='center|center']
東大模試,判定
第1回駿台東大入試実践,B
第1回河合東大即応オープン,B
第2回代ゼミ東大入試プレ,A
第2回河合東大即応オープン,A
第2回駿台東大入試実践,A
[/table]

「第1回駿台東大入試実践模試」の前に勉強や戦略立てなど、どのような準備をして臨みましたか? 理由も含めて具体的にお願いします。


3月に自分が受ける前の年度であった2014年の英語・数学・国語の問題だけを本番と同じ形式で解いていたので、この3教科については時間配分など、一通り戦略を立てていました。

具体的に言うと春に解いたときに一番感じていた自分の課題は「英語が絶対に間に合わない」ということだったので、「得点が期待できない1(B)は最後に回して時間がなかったら解かない」とか「記号問題は時間なくても解答できるから、後回し」とかは特に意識していたと思います。

この模試に合わせて勉強の計画を立てることはなかったですね。理由としては入試までに自分がやらなくてはいけないことの目途が各教科で定まっていたため、この模試の段階で終わっていなくても大丈夫だと確信していたので。

「第1回駿台東大入試実践模試」の各教科の出来を、そのような結果になった原因を含めて詳しく教えてください。


夏の東大実践と東大オープンで各教科の出来は共通していました。英語は50点くらいで、まだ練習が積めていなかったため時間が全然間に合わなかったのと、特に総合問題の文章の理解に苦戦した記憶がありますね。

数学は70点くらい取れていましたが、典型問題からの出題が多く問題が簡単だったの一言に尽きると思います。

それでも僕は駿台の「ハイレベル数学1A2Bの完全攻略」を解いていたことや、高校の数学の進度が早く、もう数Ⅲの積分に入っていたことで周りと差をつけることができたのではないかと分析しています。

国語は差がつかないと思っていたので古文漢文のセンターレベルしか勉強しておらず、どちらも20点くらいでした。

理科はまったく歯が立たなかったですね。どちらの模試でも物化合わせて25点くらいしか取れていませんでした。

英数を夏の間に東大入試レベルまで上げて、そのあとに物化を上げる戦略だったのでそこまで気にしないようにはしてましたが、それでも本当に理科で合計70点(目標点)を取れるようになるのかとは心配になりました。

「第1回駿台東大入試実践模試」の各教科の出来と判定を心理的にどのように受け止めていたかを詳しく教えてください。


初めて受けた東大模試ということで、今まで駿台模試とかでは簡単にA判定を取れていたのがそうもいかず、また問題の難しさに東大に合格することの難しさを実感しました。

数学だけが全体を引っ張って何とかB判定を取れている状況でしたが、入試本番の東大数学の問題のレベルとは全然違うことをわかっていたため、やはり不安でしたね。

でもここでA判定取ってたら、そのあと実際ほど伸びなかったかもな、とも思っています。C,D判定だと少し不安が強くなったと思うので、いいモチベーションを生んでくれたB判定は自分にとってベストな判定だったと言えますね。

「第1回駿台東大入試実践模試」は本番の東大入試と比べてどのような違いがありましたか?各教科で具体的にお願いします。


数学のみかなり簡単で、英語・国語はほぼ入試レベル、理科は本番よりも難しかったと思います。

英語は2014年の入試では自由英作文がとても答えにくい難しい問題だったのに対し、第1回だからか形式は同じでも答えやすい単純な問題だった印象ですね。それ以外の点は概ね本番の問題に近かったと思います。

また理科は多少現役生の進度を考慮した出題にはなっていましたが、東大の問題は素直な問題が多いのに駿台の模試は少し複雑でひねってある問題が多いなあという印象でした。

「第1回駿台東大入試実践模試」の結果を踏まえて勉強の仕方を改善しましたか?また結果を踏まえなかった場合も、理由を含めて詳しく教えてください。


英語は5の総合問題に最も苦手意識がありました。今まで論説文は何度も読んできましたが、5で出題されるような口語が多い小説・エッセイは読み慣れていなかったので。

そこで河合塾の『東京大学英語 2 物語・小説文』を使って秋の東大模試までに7割くらい得点できるように計画を立てました。

あとは物理化学ですね。先ほど言った通り今から思えば本番よりも難しい問題のセットでしたが、物化合わせて25点にしかならなかったのは、大問の最初の問題から間違えた問題があったからです。

つまり応用問題ではなく基本問題にまだまだ穴があることに気づいたので、物理・化学ともにすでに1周はしていた重要問題集をもう1周やって穴をなくそうと考えました。

最後にこれから「第1回駿台東大入試実践模試」を受験する後輩に、この模試をより効果的に利用するためのアドバイスをお願いします!


まず言えることは、過去問を各教科最低1回は解いてから挑んでほしいです。

模試の雰囲気はそう何回も経験できるものではないですし模試と言えども東大模試の判定は嫌でも気にしてしまうものだと思うので、まだ夏であろうと本番に近い時間配分・戦略で挑むべき。

それからあまり「難しい問題が出る」と思いこまない方がいいです。難しい問題が出ると思っていると、本当は単純なことを問われているだけなのに難しく見えていつもと違うことをしてしまいがちなので。

過去問を解く中でその辺の感覚はついてくるものなのであまり夏の段階から心配することではないですが、せっかくの東大模試なので自分の出せる力を出し切って、今後の戦略立てのいい材料にできるといいですね。