合格体験記

『長文問題精講と速単上級編を音読しまくって東大レベルに目を慣らせる』2015年度理科一類合格者の「高3・1学期の英語」の勉強法

『長文問題精講と速単上級編を音読しまくって東大レベルに目を慣らせる』2015年度理科一類合格者の「高3・1学期の英語」の勉強法
年度
2015年(現役)
入学
東京大学教養学部
合格大学
早稲田大学創造理工学部
慶應義塾大学理工学部
出身高校
神奈川県私立サレジオ学院高校
センター試験
英語 190点 / 数I・A 96点 / 数II・B 100点 / 国語 156点 / 化学 92点 / 物理 100点 / 地理 74点

高3の1学期時点での英語の状況・感じていた課題を具体的に教えてください。またその上で1学期の英語の勉強においてどのような「コンセプト・目標」を立てていたかを教えてください。


高3になる前の春休みに駿台の「チャレンジ東大模試」を受験し2014年度の英数国の入試問題を解いていたので、これらの教科については合格するまでに何をしなくてはいけないのかの目処がついていました。

英語の問題を解いた結果から言うと50点くらいで、全て時終わるにはまったく時間が足りず、また時間をかけて解いた問題も得点が来ていませんでしたね。

その原因を分析して、特に英語長文では東大レベルの読みにくい長文に目が慣れていなかったのが課題でした。

そこで特に1学期は音読しまくって東大レベルの長文に目を慣らす、というのを目標に掲げました。

高3の1学期に取り組んだすべての英語長文の問題集とその使い方・ペース・勉強法を具体的に教えてください。また今振り返るともっと勉強法を工夫できたと思うところを具体的に教えてください。


まず長文問題の対策は難易度の高い文章をとにかくたくさん読もうと思ったので、長文問題精講と速読英単語上級編をチャレンジ東大模試の直後から使用しました。

長文問題精講・速単上級編共に音読のためだけに使っていました。長文問題精講は本来は問題集ですが、東大と傾向が全く違うので無視。速単上級編も単語自体は難しすぎると思っていたので、そちらも無視という感じでしたね。

1日に長文問題精講は3回、速単上級編は5回ずつ、というように何度も読んで内容を完璧に理解し、目を慣らす感じです。

長文問題精講は全部で60個、速単上級編は50個ほどの長文が掲載されているので、このペースで進めると夏までに2周できるペース。

今振り返ると、2周では足りなかったと思っています。結局受験までに3周はできましたが、読んだ瞬間に「あああの話ね、あの文のあそこが訳しにくいんだな、確かくらいになるまでには1文1文を覚えられませんでした。

なので両方ではなく長文問題精講に絞って1学期のうちに3,4周すればよかったと思っています。

高3の1学期に取り組んだすべての英単語帳とその使い方・ペース・勉強法を具体的に教えてください。また今振り返るともっと勉強法を工夫できたと思うところを具体的に教えてください。


速読英単語上級編は上に書いたように完全に音読用として使用していたので、単語帳として使っていたのはターゲット1900だけですね。同じ単語を何回も復習できるように、3通りの方法でターゲットを覚えていきました。

1つ目は、学校の小テスト対策。小テストは毎週50個ずつ範囲になっていたので、小テストの前日に試験範囲の単語を紙に書きまくって覚えました。

2つ目は、1日に10個ずつ覚える、いわゆる普通の単語帳の覚え方です。小テストのペースだと受験までに1周しかできないですし、東大模試や過去問に備え単語を早く仕上げたかったので、スピーディにたくさんの単語に目を通すことを目的としていました。

いきなり1900まで1周しても全く覚えられていない可能性もあるので、まずは1500まで、次に1700まで、といった風に分割してたのも工夫できていたと思います。

3つ目は、英語長文の中で出てきた単語をターゲットに見つけたら、そのページに載っている他の全ての単語も同時に覚えてしまうこと。とにかく何回も単語を見ることが定着に繋がると考えて編み出した勉強法です。

またどのやり方の時も、間違えたら×、簡単に覚え出せたら◎、スペルミスをしたら三角をつけ、その×、△が付いている単語だけを復習するようにしていました。

単語帳は中3の時にターゲット1400、高1のときに速読英単語必修編を配られていたのこれが3冊目でしたが、さすがにやりすぎたかなと思います。もし学校で配られていなかったら、最初からターゲット1900を買って何周もしていたと思いますよ。

高3の1学期に取り組んだすべての英文法の問題集とその使い方・ペース・勉強法を具体的に教えてください。また今振り返るともっと勉強法を工夫できたと思うところを具体的に教えてください。


英文法は学校で配られて小テストも授業中に行われていた『新・英文法頻出問題演習 (Part1・2) (駿台受験シリーズ)』を使っていました。学校の小テストはそれぞれ毎週2単元ずつくらいのペースでしたね。

まず文法の方は小テストのペースは遅いと感じていたので自分で進めました。単語の暗記と比べて問題の答えを覚えるのは簡単だったので、とにかく速く進めて何周も見た方がいいと思っていましたね。1日に6ページくらいのペースです。

単語帳と同じように◎△×などの記号をつけ、2,3周目をやっていくときは△×の付いているものだけを頭の中で解いて、またその結果を書いて、の繰り返し。

次にイディオム・語彙の方は逆に単語よりも覚えにくいと感じていたので、学校の小テストの範囲を完璧に覚えて挑むようにしていましたね。その週の範囲を最低3周はできるように1日2ページくらいのペースです。

高3の春くらいに立てた計画では夏までに全部完璧に覚えて、あとは長文とか過去問の勉強に集中しようと考えていたんですが、実際には少しやっていないとイディオムとか結構忘れてしまうんですよね。

最初からセンターくらいまでずっと使っていくつもりで勉強計画を立てていれば、もう少し効率よく勉強できたかもしれないな、と思っています。

最後になりますが、高3の1学期は部活もありまだ充分に勉強時間を確保できない高校生もいます。東大受験を終えた今だからできる、この時期の東大英語対策のアドバイスをお願いします!


僕はこの頃には部活をやっておらず、また予備校にも通っていなかったため勉強時間自体は十分に確保できる環境でした。

科目ごとの勉強時間の配分については、英語数学は秋以降は成績を伸ばしにくく、物理化学に割いた方が伸びると思っていたので、夏までに東大英語で60点、数学で50点は取れるようにする方針でしたね。

なので物理化学は学校の新しい範囲の基本を抑えるのと、重要問題集での過去範囲の復習をそれぞれ1日3問ずつくらいに抑え、英語と数学にたっぷり時間を避けるようにしていました。

その中でも単語と文法は学校の休み時間や通学時間を使ってなるべく終わらせ、家での英語の勉強のほとんどの時間、1時間半くらいを英語長文の勉強に割いていたと思います。

部活で忙しい人は1冊だけ自分が使う問題集を選んで、1日に1個の長文を最低5回音読するべきだと思います。これくらいならかかる時間は1時間以内に抑えられるはず。

また問題集を使って成績をあげればいいので、最初読んでわからない部分はすぐ和訳や解説を見て次に読んだ時には読めるようにしよう、という頭の切り替えが鍵になると思いますね、時間を短縮するためには。頑張ってください。