勉強法

答えの暗記だけではもったいない?『日本史一問一答』の定期テストから入試まで本当に日本史に強くなる使い方

答えの暗記だけではもったいない?『日本史一問一答』の定期テストから入試まで本当に日本史に強くなる使い方

東進『日本史一問一答』は日本史の勉強で何をやればいいのか分からない人の救世主


『日本史ってどうやって勉強すればいいのか分からない…』というのは日本史選択なら誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

定期テスト前は教科書やノートをひたすら読み込んだり、学校で配られたプリントを解くだけという人も多いはず。

とはいえ、日本史は暗記量がものを言う科目。教科書やノートは重要語句を中心に作られるため、私立一般や国公立二次の日本史に出てくる範囲まではすべてカバーできていないのが現実です。

センターのみならず一般や二次で日本史で高得点を取るためには、教科書はもちろん便覧にしか載っていないようなマイナーな語句まで暗記することが不可欠。

どんな日本史用語を幅広く網羅しているのが東進の『日本史一問一答』。

どこの書店にも積まれている超人気参考書ですが、その人気の理由は語彙の収録数です。

センターで出るような基本語句から、東大を始めとする超難関大で問われたマイナー語句まで過去問の引用で収録されています。

用語集の説明とは違い、『日本史一問一答』は過去問から引用されていることで『その単語が入試試験でどのように問われるのか』が分かります。

膨大な数の語句を収録しつつ、説明は最低限にとどめた読みやすさが魅力の参考書です。

テスト勉強では『日本史一問一答』でテスト範囲の難しい入試レベル語句まで覚える


『日本史一問一答』は受験勉強だけではなく、テスト勉強でも使うことができます。

テスト勉強では、例えばテスト範囲が奈良時代~平安時代だとすれば、まずはその範囲の重要語句を完璧に暗記します。

『日本史一問一答』では、すべての語句が星0個から3つに区別されていて、星の数が多いほど重要頻出語句です。

星3つがセンターレベル、星2つが私立入試レベル、星1つが難関大入試レベル、星0個が難関大入試で高得点を狙う人のための超マイナー語句。

東進日本史一問一答

定期テスト勉強では、まず星2つまで暗記します。定期テストで問われるのが星2つまでの難易度の語句だからです。

中堅私立を狙う人は星2つを完璧に覚えるだけで十分ですが、難関大を狙う人は星2つまで暗記できたら今度は星1つ、星0個まで覚えます。

なぜテスト勉強でテストには出ないような難しい語句まで暗記する必要があるのかというと、受験前は日本史の復習に時間を割けないから。

文系の私立一般や国公立二次は、国語と英語が高配点で日本史は配点が低めに設定されていることが非常に多いです。入試直前に配点の低い日本史に時間を割くのはとてももったいないこと。

そのため、定期テストのたびにその範囲を入試レベルまで仕上げておくことで、入試直前は軽く見直す程度にとどめることが出来ます。

また、テスト勉強で『日本史一問一答』を使ったときに教科書に載っていない単語を見つけたら、自分で教科書やノートに書き込んでおきます。

その単語を見る回数が多ければ多いほど、その単語を暗記しやすくなります。『あれ?この語句ってなんだっけ』と思ったらすぐに見直します。これを繰り返すことで、星0個の超マイナー語句まで抜け目なく覚えることが出来ます。

高3夏休みから受験にかけては『日本史一問一答』で全範囲総復習を繰り返す


受験勉強では『日本史一問一答』を習った範囲すべて解き直します。時期は高3の夏休みがベスト。

覚えていた語句にはチェックをつけます。覚えていなかった語句を復習し、チェックがついていない語句だけを解き直します。これをすべての語句にチェックがつくまで繰り返します。

高3の冬休みまでにすべての語句にチェックがつけられるように語句を隅々まで覚え直していきます。

この時に注意しなければならないのが、答えを覚えただけで解けたとみなさないこと。

同じ順番で同じ答えが並んでいるのを何度も解いていると、問題文を読まなくても答えだけ覚えていて解けてしまう、という経験はありませんか?

別の場所でその問題文を見たときに答えが出てこないのであれば、それはまだ暗記出来てないということです。

『日本史一問一答』を解くときは、赤字の答えを覚えるのではなく、答えを補充した問題文丸ごと暗記しましょう。

冬休みが終わってセンター直前になったら、センターレベルの星3つ、星2つを重点的に見直せば安心できます。

センター後、私立一般や国公立直前には星0個を含むすべての語句を見直します。

この手順を踏めば、最低でも3回はすべての語句を覚えたことになります。覚えにくかった語句にいたっては少なくとも10回は見直しているはず。入試本番で思い出すには十分な回数です。

これらのことを踏まえて『日本史一問一答』を使う時は、

1.テストごとにその範囲を星0個まで覚える
2.夏休みには習った範囲すべて解き直し、覚えていない語句を潰していく
3.センター前は星3つ、星2つを見直す
4.私立一般、国公立二次前はすべての語句を見直す

この計画が実行できるようなスケジュールを立てましょう。

難関大を目指すなら『日本史一問一答』の索引を使って総仕上げ


難関大を目指す人、または日本史を得点源にしたい人がさらにすべきなのは巻末索引を活用して勉強すること。

『日本史一問一答』では基本的に過去問の重要語句を穴抜きしたものを収録しています。そのため、その語句は覚えることができても『どこで』『誰が』『何時代に』などは語句よりも暗記しにくいのです。

だからといって『日本史一問一答』では語句以外のことは覚えられないのかというと、そうではありません。

語句以外のことを覚えるために、巻末索引を使います。

巻末はあいうえお順に並んでいます。それぞれの語句が何時代で、どんなものなのかを自分で説明できるようになるまで教科書やノートを見ながら勉強します。

その語句が何なのか、自分で説明することが出来るレベルにまで達することが出来たら、その語句がどんな形で出題されても答えることが出来ます。