合格体験記

『目先の問題だけではなく文章と文章の関係を見る』早稲田大学文化構想学部合格者の国語の解き方

『目先の問題だけではなく文章と文章の関係を見る』早稲田大学文化構想学部合格者の国語の解き方
年度
2015年(現役)
入学
早稲田大学文学部
合格大学
東京外国語大学言語文化学部
早稲田大学文化構想学部
同志社大学文学部
関西学院大学文学部
出身高校
兵庫県立姫路飾西高校
センター試験
英語 182点 / 国語 161点 / 日本史 97点

早稲田大学文化構想学部の国語で合否のカギを握ると思った設問や、問題全体に対する印象を教えてください。


ふたつ以上の文章を同時で読みながら解答する独特の問題形式で、とにかく読む量が多い。

時間内に完答するためには、答えの該当箇所を素早く見つけることが大切です。

合否が分かれるのは、設問三。現代文古文漢文、すべての知識を駆使する必要があります。

例えば、現代文と漢文が読めても古文が読めないと解答できないような問題が多いです。

現代文古文漢文をバランスよく鍛える必要があります。

早稲田大学文化構想部の国語の解く順番・時間配分についてその順番で解く理由も含めて教えてください。


設問一、設問二、設問三と順番通りに解きました。

時間配分は試験時間90分で、問一、二にそれぞれ25分、設問三に30分、見直し10分です。

順番通りに解いたのは、古文と漢文を含む設問三に時間がかかりそうだと思ったから。

第三問に時間を割いて、古典を丁寧に読むようにしました。

設問一をどのように解いていたかを具体的に教えてください。


問一がAの文章に答えがある問題なら、まずAを該当箇所まで読み、続いてBもAの該当箇所と似たところまで読んで問二に移りました。

文化構想学部独特の問題として、ある言葉の文脈の中での使われ方を問う問題があります。

その単語が比喩としてどういう意味で使われているのかは前後の文の指示語や流れで判断しました。

また、これは他の設問に言えることですが、Aの文章のどこがBの文章のどこに該当するのか常に考えていました。

似たような言葉が使われているところは特にチェックしていました。

設問二をどのように解いていたかを具体的に教えてください。


与えられた5文を順番通りに並び替える問題があります。

こそあど言葉と接続語に注意して並び替えました。

設問の最後に本文と一致するものを選ぶ選択問題が出題されます。

選択肢は長文のあらすじを選ばせるタイプなので、何よりも文章の起承転結を意識しました。

本文の主題はかつてどうで今はどうなったのかを時系列で整理するようにしていました。

設問三をどのように解いていたかを具体的に教えてください。


設問三は、現代文の甲、古文の乙、漢文の丙をすべて一気に読みました。

問一が古文から出題されていることもあれば問二の答えが問三よりも後にあることもあり、該当箇所まで読んでいったん問題を解く、という方法が使えなかったからです。

古文や漢文の問題を解くときは、その文中での文脈はもちろん現代文との関係も考慮して解くようにしていました。

古文漢文ともに文法的に難しいものはなかった印象です。

最後に早稲田大学文化構想学部を目指している受験生に文化構想学部の国語で高得点をとるためにアドバイスをお願いします!


高得点を取るためにしてほしいのは、互いの文章の関係を意識すること。

ついつい問題にとらわれてAとBの関係について考えないまま解き終えてしまい人もいると思います。

ですがAはBのどういう役割なのか?説明、添加、共感、あるいは反対かも知れません。

Aの筆者はBの文章または筆者についてどういう立場で書いたのかを意識することで、バラバラのように見えたふたつの文がつながります。

どこがどこに該当するのかも分かりやすくなります。

目先の問題ばかり見るのではなく、設問の全体像も考えるようにしてみてください。