合格体験記

『センター1ヶ月前から30点UP』東京大学文科二類合格者の「センター試験への道 世界史」の使い方

『センター1ヶ月前から30点UP』東京大学文科二類合格者の「センター試験への道 世界史」の使い方
年度
2016年(現役)
入学
東京大学教養学部
合格大学
慶応義塾大学経済学部
早稲田大学政治経済学部
早稲田大学商学部
明治大学政治経済学部
出身高校
千葉県私立渋谷教育学園幕張高等学校
センター試験
英語 200点 / 数I・A 91点 / 数II・B 78点 / 国語 158点 / 化学基礎 46点 / 物理基礎 50点 / 日本史B 92点/ 世界史B 97点

『センター試験への道 世界史(第8版)』の使用開始時期と、この参考書を使い始めた理由を教えてください。


私は夏休みにこの問題集を購入しましたが、本格的に使い始めたのはセンター一ヶ月前からです。

夏休み前、私は定期テストで60点台を取り世界史への苦手意識がありました。そこで、学校の先生がこの問題集を勧めたこともあり、夏休み中にこの問題集を購入しました。

しかし、夏休みに学校や予備校の講習を入れすぎたため、勉強の計画は崩壊。問題集を一周できず、この時期のセンター模試では50点台を記録しました。

2学期には教科書を復習し直し、平行して一問一答問題集を繰り返し解いていました。しかし、秋や1ヶ月前のセンター模試では60点台。このままではセンター試験で足切りの可能性があり、もう一度この問題集を解いてみようと思いました。

『センター試験への道 世界史(第8版)』の使い方とその理由を教えてください。


1.夏休み中の使い方

夏休みには、教科書を読み、暗記したと思ったら該当節の問題を解くことを繰り返していました。

この参考書は、センター試験の過去15年分(2001-2015)の本試験・追試験をすべて収録しています。問題は山川出版社『詳説世界史B』の各節にそって並び替えられており、類題が同じ場所に並んでいます。

そのため、同じ節の問題をまとめて解くと前半の問題の答えを覚えてしまいます。理解が不十分でも、同じ節の中で後半の問題が解けることが多々ありました。この使い方は間違っていたと思います。

2.センター前の使い方

1ヶ月後のセンターまでに3周することを決めました。1日で世界史の教科書の全範囲を出来る限り触れたかったので、問題集の順番通りに解くのではなく、次のように使いました。

1 節ごとに何問あるかを数える。

2 それを10で割り、1日あたりその節を何問やるかを計算し、すべての節を1日で一通り触れられるようにする。

3 毎日、朝8時30分から約3時間を割き、この問題集の1日のノルマは絶対にこなす。

4 出来なかった問題は問題集に記録しておき、教科書の該当箇所には付箋をつける。
※例えば、宗教改革が16世紀の事項であることを覚えていなかった時は、「宗教改革 16C」と書いた付箋を教科書の宗教改革のページに貼る。

5 夜の8時ころから1時間半で、教科書で付箋をつけた部分を読んで復習する。

翌日は同じ問題は解かずに、1日のノルマを新しくこなしていました。この問題集には1000問以上の問題が乗っています。翌日も新しいノルマの中で大抵同じような問題に当たるため、同じ問題を解かなくても良いと判断しました。10日後に同じ問題をもう一度解く事になることも、復習しなかった理由の一つです。

『センター試験への道 世界史(第8版)』がどのように役立ったかを教えてください。


問題が教科書の配列にそっているので、間違えた問題を教科書で復習しやすいと思います。

私は学校で東京書籍『世界史B』を使っていたので、教科書と問題集の配列が若干異なっていました。それでも一般的なセンター過去問を解いて復習するよりも楽だと感じました。

また、単なる一問一答や穴埋め問題集とは異なり、センターの問題は文章で正誤を問うので、歴史事項をつなげて覚えられます。つなげて覚えて、得点アップを狙いましょう。

さらに、問題数が豊富なので、センターでよく問われる問題は何回も出題されます。センターの頻出分野を見抜くことができ、センター本番では97点を取ることができました。

『センター試験への道 世界史(第8版)』を解くべき人とそうでない人を教えてください。


世界史の教科書を読み込み既習範囲の復習を進め、一問一答もある程度できるのに、センターの点数がなかなか上がらない人におすすめします。

このような人は、センターの出題形式に慣れておらず、頻出分野がわかっていないのだと思います。この問題集はセンターに慣れるのに最適です。

一方、一問一答問題集で最も簡単なランクを答えられない人は、この問題集を解かないでください。正誤文の内容が全くわからないままセンターの問題を解いても意味がありません。

一問一答がある程度答えられるようになれば、センターの正誤文を見ると誤っている箇所の見当がつくようになります。その状態でセンターの問題を解けば、より理解が深まると思います。