合格体験記

『基礎から応用への橋渡しに』東京大学文科一類合格者の「1対1対応の演習 1A」の使い方

『基礎から応用への橋渡しに』東京大学文科一類合格者の「1対1対応の演習 1A」の使い方
年度
2015年(現役)
入学
東京大学教養学部
合格大学
早稲田大学創造理工学部
慶應義塾大学理工学部
出身高校
兵庫県私立須磨学園高等学校
センター試験
英語 188点 / 数I・A 100点 / 数II・B 97点 / 国語 188点 / 化学基礎 50点 / 生物基礎 50点 / 世界史B 98点 / 日本史B 95点


『1対1対応の演習 1A』の使用開始時期と、この参考書を使い始めた理由を教えてください。



この参考書は高1の夏頃から使い始めました。1対1対応の演習は、各分野に例題とその詳しい解説、そして例題を少し発展させた問題が1つという構成になっており、基礎固めからの実力養成という用途にピッタリだと思ったからです。

実際、習ったことがない範囲の問題でも解説を読むと解き方が理解でき、発展問題まで解けることもありました。逆に習ったことがある範囲でも解けないレベルの発展問題もあります。

チャートだと標準レベルの問題で終わりますが、1対1対応の演習ではやや難しいレベルの問題を解くことになるので、模試の問題も解けるようになりました。

『1対1対応の演習 1A』の使い方とその理由を教えてください。


1ヶ月ほどで終わらせたかったので1日に1分野を解くようにしていました。例題を自力で解けるようなら解いて、解けないなら解説を詳しく読んで解けるようにして、本当に理解しているかどうかを確認するために応用問題を解くようにしていました。

例題を解いて解説を読むだけで終わってしまうと本当に解けるようになったかわかりませんが、例題より難しい問題を解けるようにすることで確実に実力がつきます。

もちろん、一度解けるようにしても忘れてしまうので、一度目に解けなかった問題は1ヶ月くらい経っても解けるように定期的に解き直すようにしていました。

『1対1対応の演習 1A』がどのように役立ったかを教えてください。


この参考書は基礎と応用の橋渡し役として役に立ったと思います。

『文系数学のプラチカ』や『新数学スタンダード演習』のような参考書をいきなり解くと解けない問題ばかりにあたってしまうので解きにくいですが、この1対1対応の演習だと「知らない、もしくは少し学んだ」程度の人から取り組むことができます。

標準的な問題から一歩進んだレベル問題を解くことができるようになるので、模試の問題も最後まで解けるようになりました。

また、少しテクニカルな解き方も紹介されていることが多いので解き方で他の人と差をつけることもできると思います。

『1対1対応の演習 1A』を解くべき人とそうでない人を教えてください。


解くべき人は難関国公立を目指す高1で、既習分野の復習と実力養成を考える人が向いていると思います。

既に1Aを勉強した人が理解の漏れがないかを調べるのにも向いていると思います。なぜなら応用問題も十分な難易度があり、間違えた分野で詳しい解答を見ることができるからです。

あくまで復習や基礎を固める人に向いている参考書だと思うので、既に標準レベルの問題集を解いた人はわざわざ解く必要はないと思います。