合格体験記
# センター試験
# センター数学

2013年東京大学文科三類合格者のセンター数学の対策・解き方

ーー発想を飛躍させる必要のある大問の最後の問題に慣れ満点を目指すーー

2013年東京大学文科三類合格者のセンター数学の対策・解き方
年度
2013年(1浪)
入学
東京大学文科三類
合格大学
早稲田大学国際教養学部
早稲田大学社会科学部
出身高校
熊本県立熊本高校
センター試験
英語 196点 / 数I・A 96点 / 数II・B 88点 / 国語 186点 / 地学 98点 / 世界史 100点 / 地理 84点

センター数学の目標点とその達成のために1番重要だと感じていたことを教えてください。

目標点は数ⅠA・数ⅡBともに90点でした。ケアレスミスも考慮すると90点を越えるためには、各大問最後の問題で3問は確実に正答することが必要です。

数ⅠAでは図形と確率のうち少なくとも一方を、数ⅡBでは数列とベクトルのうち少なくとも一方を確実に解くことを目標にしていました。逆に言えば、どちらか時間がかかりそうな方を捨てるということも視野に入れていましたね。

センター数学の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

使用した参考書は河合塾の『マーク式総合問題集』と過去問集の黒本です。過去問を一通り解き終わってから、少し難しめの問題もある『マーク式総合問題集』に取りかかりました。

『マーク式総合問題集』の方では、特に最後の大問の解き方を意識しましたね。

私は大問の最後の問題がポイントだと思っていたんですが、最後の大問ってそれまでの問題と比べて、発想の飛躍が必要というか、それまでの計算の流れから一歩離れて問題を俯瞰して見たり、別の解き方を使ったりしないと解けないものが多いと思うんです。

特に数ⅠAの第3問にそれが顕著に表れていて、メネラウスの定理や相似などの中学知識を用いるとかちょっと問題を離れて見てあげないと気づかない。センター数学が苦手な人の多くってここができていないと思うので、1つの問題集を用いて最後の大問の発想の飛躍のさせ方を学ぶといいと思います。

センター数学で時間配分、解く順番など試験時間中に意識していたことを教えてください。

解く順番は最初から順に解いていましたね。得手不得手はあると思いますが、私はセンター数学は難易度の低い順に並んでいると思うので、頭を数学に慣らしていく意味でもその順番がいいと思います。

時間配分は数ⅠAだと第1問10分→第2問15分→第3問15分→第4問15分で見直しを5分という流れで解いていました。最初の論理と証明の部分でつまづくと焦って後に影響してしまうので丁寧にやるのがポイントですね。

数ⅡBもだいたい同じような時間配分ですね。ただあまり厳密にはやっていませんでした。私の受験した年度は新課程への変わり目で第一問にグラフの問題が出たり、数列の大問で数学的帰納法が出たりと新傾向だったので臨機応変さも必要になると思います。

センター数学の対策を振り返って本番の点数に直結したこと、直結せず後悔していることを教えてください。

センター数学に限らず全ての科目に言えることだと思うんですが、授業の内容を疎かにしないことってかなり重要だと思います。

先述の通り、私の受験年度では傾向が大幅に変わり、それまで一度も出題されてこなかった範囲が本番で出題されました。センター試験は結構傾向が固まった試験であるとは言え、これはセンターでは出ないから対策しなくて良い、という考えは危険だと思います。

教科書の範囲からならどこからでも出題されるのがセンター試験です。もちろん傾向に従って対策をすることは重要ですし、全ての範囲を均等に時間をかけて対策することもできないので、普段の授業や学校の学習できちんとやっていたかやっていなかったかで差がつくのではないでしょうか。

最後にセンター試験を終えた今だからこそ言えるセンター数学で高得点をとるためのアドバイスをお願いします!

センター数学は基本的な問題しか出ませんが、受験生に差をつけようと少しひねった問題を出してくることもあります。特に私の受験した年度は第3問の図形で少し三角形の見方を工夫する必要があり、多くの受験生が問1以降の問題を解けず、過去最低の平均点を出した問題が出題されました。

問題が常に次の問題に関連しているセンター数学では、最初の問題が解けないと芋づる式に減点されてしまうので注意が必要です。

センター過去問だけではどうしても問題のパターンに限界がきてしまうので、国公立志望の方は二次試験の数学の対策も併せて行うとこういったミスを減らせると思います。

時間のプレッシャーがある中で解かないといけない大変な試験科目ですが、ぜひ攻略して目標の点数を目指してください。応援しています。