合格体験記
# 志望校対策
# 早稲田大学

2015年早稲田大学創造理工学部合格者の配点・合格最低点超えの戦略

ーー単語のレベルが高い英語の問題構成を徹底的に分析して得点を積み重ねるーー

2015年早稲田大学創造理工学部合格者の配点・合格最低点超えの戦略
年度
2015年(現役)
入学
東京大学理科一類
合格大学
慶應義塾大学理工学部
早稲田大学創造理工学部
出身高校
神奈川県私立サレジオ学院高校
センター試験
英語 190点 / 数I・A 96点 / 数II・B 100点 / 国語 156点 / 化学 92点 / 物理 100点 / 地理 74点

初めて全教科の過去問を解いたのはいつですか?また合格最低点を越えることができましたか?

初めて早稲田の過去問を解いたのは試験の約2週間前です。早稲田創造理工の合格最低点は6割程度ですが、その時すでに英語物理化学は7割、数学は8割近く取れていました。

2月に入っているということもありもう東大対策もかなり進んでいたので早稲田は東大よりは簡単だろうと少し甘くみているところがありましたが、英語の問題を解いた時は少し危機感を感じました。東大よりも英単語のレベルが高く、また制限時間内に解くのも厳しいように感じたからです。

それを踏まえて英語に関しては他の教科よりも優先して過去問を解こうと決めましたね。

直前期合格最低点を超えるようになりましたか?直前期に各教科何割程度とれていたのか、またどのような対策が合格最低点超えにつながったと思いますか?

僕は基本的には英語と数学が得意科目でしたが、早稲田の英語は相性があまり良くなく、逆に数学は相性が良かったので数学で満点を狙いに行き、英語物理化学で7割くらいを確実にとるという戦略でした。これなら仮に1教科で失敗して5割程度しか取れなくても合格できるようになっています。

落ちるとすれば数学で思いっきり踏み外すか、英語物理化学のうち2教科で失敗するかだと思っていましたね。

実際に問題を解いてみると、僕の受けた2015年は物理が思いっきり難化して、半分も点数がないんじゃないかと思うほどでした。ここまで難しくなるのは正直想定してなかったです。

この学部の配点・自分の得意科目・不得意科目・各教科の難易度を考慮した上での特点戦略を教えてください。

僕は基本的には英語と数学が得意科目でしたが、早稲田の英語は相性があまり良くなく、逆に数学は相性が良かったので数学で満点を狙いに行き、英語物理化学で7割くらいを確実にとるという戦略でした。これなら仮に1教科で失敗して5割程度しか取れなくても合格できるようになっています。

落ちるとすれば数学で思いっきり踏み外すか、英語物理化学のうち2教科で失敗するかだと思っていましたね。

実際に問題を解いてみると、僕の受けた2015年は物理が思いっきり難化して、半分も点数がないんじゃないかと思うほどでした。ここまで難しくなるのは正直想定してなかったです。

この学部の合格最低点を越えるために合格したからこそ言える総合的なアドバイスをお願いします。

特に僕が苦戦した英語について。早稲田の英語は単語のレベルが高く僕と同じように苦労している人も多いと思います。しかし実際に合格した今から振り返ると、おそらく僕が難しいと感じていた単語は他の受験生もわかっていなかったのではないかという点です。

つまり英単語がわからなくても合格できるような試験だということ。なので早稲田理工の英語で得点を伸ばすためにハイレベルな英単語帳で難しい単語ばかり覚えている人は、それよりもまず「わからない単語があっても周りの文脈から文章全体の意味を理解する練習」と「自分が今のままで得点できている大問の分析」を優先すべきです。

過去問を解いたら合格最低点を超えたかどうかばかり気にしがちですが、次解くときのためのヒントを回収するという重要な点を見失わないようにしてくださいね。応援しています。