センター日本史対策の参考書・問題集

合格
進学:上智大学総合グローバル学部/ 合格: 國學院大学文学部 / 上智大学総合人間科学部
合格体験記

2017年上智大学総合グローバル学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

センターのための勉強というより、日々の勉強で山川の教科書と一問一答、学校で使用していた資料集・史料集を使いました。教科書を読んで、一問一答やってみて、資料集と照らし合わせて...といった感じです。ごくごく単純ながら一つずつこなしていきました。 先ほどもお伝えしたように、学校の授業内でかなりの問題数に触れていたので、自分で過去問を解いたのは12月中頃からでした。6カ年分を2周しました。授業で取り扱った問題も過去問も「なぜ他の選択肢が消せるのか?」までちゃんと考えて復習しました。

全ての内容を見る
合格
進学:一橋大学商学部/ 合格: 中央大学商学部 / 明治大学政治経済学部 / 慶應義塾大学商学部
合格体験記

2017年一橋大学商学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

センター試験の対策は主に過去問で行いました。国立の2次試験でも日本史を使ったのでギリギリまでは2次対策に追われていたのですが、12月の終わり頃から本格的にセンターの過去問を解き始めました。取り組み方としては、答え合わせを含めて60分間で行いました。40分間で問題を解き、残りで答えを確認し、間違えた問題は教科書で確認しました。 当初は間違えた問題をまとめたノートを作成していたのですが、まとめただけで満足してしまい見返さなかったので、教科書で確認するだけになりました。2次試験対策でもセンター対策でも教科書を一番の参考書として使い込みましたね。ただ、試験本番で最後の最後に見直す簡単なノートなどを用意しておくと、より安心して試験に臨めると思います。教科書だけだと量が多すぎてどこを見直して良いかわからなくなってしまうので。

全ての内容を見る
合格
進学:明治大学政治経済学部/ 合格:
合格体験記

2017年明治大学政治経済学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

まず、夏から10月ごろまでは学校で配布された一問一答をやりました。10月からは学校の授業で進研ゼミの問題集をやり、家では一問一答と河合出版の問題集をやりました。進路資料室で過去の問題集を借りてとにかく量をこなしました。 12月には、夏から少しずつやっていた赤本を本格的にするようになりました。もちろん一問一答と問題集もやり続けました。そして、間違えた問題にはチェックをつけ苦手を減らそうとしました。冬休みは、本番と同じ時間帯に過去問をやりイメトレをしていました。 私は二次試験でも日本史があったため、センターはあまりやりすぎないようにと先生から言われていました。センターしか日本史の受験がない人は、上に書いているよりもたくさん量をやるべきだと思います。

全ての内容を見る
合格
進学:都留文科大学文学部/ 合格: 武蔵野大学グローバル学部 / 神奈川大学経営学部
合格体験記

2017年都留文科大学文学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

基本のベースとして教科書と資料集、学校の授業で使用していたノートや塾のノートを使用していました。これに合わせて、学校で配られた、進研や河合塾の模試の過去問や、センター試験の予想問題、センター試験の過去問を主に解きました。この解いた問題で、自分が間違えた問題は、赤ペンでチェックマークを付けて、あってはいてもなぜその答えを導けるのかがわからなかったら、解答している最中に青ペンでチェックマークを付けていました。 これによって、自分が朝えきれていない部分がはっきりして、復習に役立てる事が出来ます。また、復習するにしてもただ単に復習するだけでなくて、「復習用のノート」を用意して、解答解説や教科書、資料集を駆使して、「自分だけのノート」も作っていました。これは、文章でまとめるというよりは、箇条書きや年表チックなものでした。参考にしたのは、解答解説の書き方や資料集の書き方です。黒ペンだけでなく、黄色、赤、緑、青の4色を自分なりの意味を付け加えて使用していました。 こうした整理を繰り返していくうちに、インプット&アウトプットにうまくつながり、得点が8割近くに安定するようになりました。

全ての内容を見る
合格
進学:九州大学農学部/ 合格:
合格体験記

2017年九州大学農学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

センター日本史の対策では参考書に学校で買った図説を使いわからないところはこれで調べていました。また、過去問に赤本を使用していました。私は、普段の授業の時から、混同しやすい単語や時代をまとめたノートを作っていました。 そして、過去問や模試を解いて混同している者があれば、そのノートにまとめ、登下校のバスでそのノートを見て覚えていました。 実際に過去問に手を付けたのは10月からで、毎日大問2題は解くようにしていました。よく理解している問題を解くのは時間がもったいないので、わからない問題を徹底的に潰すことが最優先事項だと考えていました。 そこで、5年分くらい説いてみて、得点率が低い大問の時代だけを25年分解きました。当然その時代を年表や図で覚え直したり、ここで間違えた単語はノートにまとめたりしていました。

全ての内容を見る
合格
進学:愛知教育大学教育学部/ 合格: 南山大学人文学部
合格体験記

2016年愛知教育大学教育学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

センター試験に向けては、教科書・資料集・授業プリント・過去問を使用していました。 3年直前の春休みから教科書を読み始めました。1回目はざっと読んで、2回目以降は授業プリントと併用しながら精読しました。教科書だけでは理解しにくい時に資料集を参考にすると役に立ちます。 また、私は前期に受けた名古屋大学で日本史の記述試験があったので、記述にも対応できるように勉強した結果、センター試験も解けるようになった部分は大きかったです。

全ての内容を見る
合格
進学:東京工業大学生命理工学院/ 合格: 早稲田大学人間科学部 / 早稲田大学教育学部 / 早稲田大学先進理工学部
合格体験記

2017年東京工業大学生命理工学院合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

『改訂第2版 センター試験 日本史Bの点数が面白いほどとれる本 』(重野陽二郎著)を夏頃から読み始めました。教科書は政治史、文化史、経済史、外交史等がまとめて1時代を1章としているため、各史の流れが読みにくいです。しかし、センターでは政治史、文化史、経済史、外交史といったそれぞれが一貫したテーマとして与えられるため、この本で流れを理解することで取り組みやすくなりました。

全ての内容を見る
合格
進学:鳥取大学医学部/ 合格:
合格体験記

2017年鳥取大学医学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

まずは高3になってから主に通学時間を利用して教科書と資料集を使って時代事にインプットし、7月頃に時代別になっているセンター日本史への道でアウトプットする事を2周ほどしました。 8月になり夏休みで時間の余裕ができてからは河合塾のマーク式総合問題集、9月頃から東進のセンター試験本番レベル模試の問題集、11月頃からZ会のセンター試験実践模試の順に解きはじめ年内に2周ほどしました。 センターの過去問を解いた時は本試にでていた所は教科書にマーカーを引くようにし、どこがよく出ているのか教科書を見るだけでわかるようにしていました。

全ての内容を見る
合格
進学:京都大学法学部/ 合格: 立命館大学法学部 / 同志社大学法学部 / 早稲田大学法学部
合格体験記

2017年京都大学法学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

センター日本史は、高三の12月半ばまでは特に対策をしませんでした。それまでは、授業の内容を確実に頭に入れ、マーク模試で実力を確認していました。マーク模試で間違えたところを復習し、補強するという勉強法でした。 その後の12月半ば以降の試験直前期には、毎日センター追試験の過去問一年分を解いて、間違えたところを補強するというように勉強しました。追試験は、一般に本試験より難易度が高いといわれており、とてもちからがついたように感じます。

全ての内容を見る
合格
進学:青山学院大学文学部/ 合格: 昭和女子大学人間文化学部 / 法政大学文学部 / 日本女子大学文学部
合格体験記

2016年青山学院大学文学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

Q

センター日本史の対策で使用した参考書・問題集と使い方を教えてください。

A

私は予備校に行っていたので、予備校の先生が用意してくれていた四択問題を主に使用していました。 四択問題の難易度はあまり高くありません。それなのに間違えてしまう箇所は、解答になる語句だけでなく選択肢の語句もしっかりと理解できていないということになります。 そのため間違えた問題は解答はもちろん、選択肢の語句も復習しました。 復習には山川出版の日本史用語集や高校で使用していた資料集を利用し、関連箇所や間違えやすそうなところ、どこが解答と選択肢の違いなのかをノートに書き出しました。 同じ四択問題を復習して再度間違えたら、また同じようにノートに書き出します。何回も用語集や資料集を開くことで、自分の中に印象を残せます。 通史だけ終わらせてもセンターで問題は解けません。 ただ通史が終わるのが遅くなってしまい、なかなか問題を解くことに時間をかけられないという人もいると思います。 そういう時に四択問題は解くのにあまり時間がかからないので、直前に多くの問題を解いて、自分の苦手な部分を一気に洗い出すのに最適です。 センター試験の問題や私立大は選択問題が出題されているため、過去問を解いて慣れることもできます。 問題を解く、復習に時間をかける、ということが効率よくできるのでオススメです。

全ての内容を見る
13 件中 1 〜 10 件を表示