センター試験

世界史学習の進度が遅い都立高校出身でもしっかり知識を定着させて高得点獲得

『世界史学習の進度が遅い都立高校出身でもしっかり知識を定着させて高得点獲得』2016年東京外国語大学言語文化学部合...

外大の2次試験で使うこともあり、世界史の目標点は90点代後半でした。そのために、とにかく不安な範囲の教科書は何度も見直したり、様々な問題を解きまくったりしていましたね。 また高校の世界史の範囲が完全に終わるのが12月後半くらいだったので、最後の時期にやった中世の範囲の定着が不安でした。な...
化学が苦手でも教科書を繰り返し読むことで点数はアップする

『化学が苦手でも教科書を繰り返し読むことで点数はアップする』2017年大阪大学基礎工学部合格者のセンター化学の対策...

センター化学は9割を目標にしていました。覚えることが多く、計算量も多かったため、あまり得意ではありませんでした。そのため、何度も演習を繰り返し、問題を解いて覚えるようにしていました。 また、教科書には多くの情報がまとめられて書いてあったので、教科書を読むことも大事にしていました。 時間...
マーク式問題集でインプットとアウトプットを同時に行いセンター9割越えを目指す

『マーク式問題集でインプットとアウトプットを同時に行いセンター9割越えを目指す』2016年名古屋大学教育学部合格者...

私が目指した大学は、センター8割が目標とされていました。私は数学が不得意だったので、世界史でカバーするために90点越えを目標にしていました。 そのため、語句を覚えるだけでなく歴史の流れを頭に入れる必要があると感じていました。私は同時代に起きた出来事を選ぶ問題がとても苦手でしたが、ここを落...
二次試験で使わない理科基礎は短時間で効率的に勉強する

『二次試験で使わない理科基礎は短時間で効率的に勉強する』2017年京都大学総合人間学部合格者のセンター化学基礎の対...

京都大学総合人間学部はセンターの配点が異色で文系は理科基礎の配点がとても高く、理科基礎で稼ぎたいと思ったので、50点満点を目標にしました。 時間は比較的余裕があるので、まずはさらっと見て15分ほどで解ける問題を解き少しでも詰まった問題は後に回しました。2周目で一通り空欄を埋め、その後見直...
瑣末な事柄にはこだわりすぎず正攻法の勉強で確実に知識を定着

『瑣末な事柄にはこだわりすぎず正攻法の勉強で確実に知識を定着』2017年東京大学文科一類合格者のセンター物理基礎の...

物理基礎では、必要とされる知識量はさほど多くはありません。なので、無理して知識を詰め込むよりも、どの公式をどういった場合に使えば良いのか、といったパターンをしっかりと定着させることが最も大切です。 理科基礎科目は、二科目で合わせて60分ですが、時間に困ることはないと思います。最後に複雑な...
毎日の英数の息抜きの時間だけに勉強時間を集約し目標の90点を達成

『毎日の英数の息抜きの時間だけに勉強時間を集約し目標の90点を達成』2017年京都大学法学部合格者のセンター倫理・...

倫理分野では50点、政経分野では40点を目標にしていました。倫理分野では文章を読んで解く設問はだれでも解けるようになっているので、必ずとりましょう。 また、政経分野の計算問題は一見複雑そうに見えたり難しそうに見えるのですが、やってみれば意外とできるのであきらめないで取り組んでみるのがいい...
過去問演習を積み重ねることで本番で確実に満点をねらう

『過去問演習を積み重ねることで本番で確実に満点をねらう』2017年京都大学法学部合格者のセンター日本史の対策・解き方

センター日本史は満点を狙っていました。歴史は、他科目よりも満点が取りやすい科目だと思います。満点をとるためには、並べ替え問題やややこしい正誤問題にも正しく解答する必要があります。そのため、知識が多いだけでなく、正確であることが求められます。 また、見直しをしてもやはりミスに気づきにくいも...
歴史を楽しみながら詳説世界史と用語集を読み込んで20点UP

『歴史を楽しみながら詳説世界史と用語集を読み込んで20点UP』2017年早稲田大学社会科学部合格者のセンター世界史...

世界史は一番の得意科目だったので、満点を目指しました。でも得意科目でもセンターの問題は手ごわいです。知識を覚えていても選択肢に惑わされて、わかっていても間違えてしまう。年代や地名が少し変えてあるだけの選択肢も多いので、センターの世界史はひっかけ問題であり間違い探し問題だと考えました。 な...
教科書と物理のエッセンスでセンター満点と2次試験対策を同時に狙う

『教科書と物理のエッセンスでセンター満点と2次試験対策を同時に狙う』2017年大阪大学基礎工学部合格者のセンター物...

センター物理は満点が目標でした。基本的に難しい問題が出ることはなく、時間的にも余裕を持てたからです。 ただ、私は問題文をよく読まずに間違えてしまうことが非常に多く、模試でもそれでよく点数を落としていました。 なので、問題文をよく読み、見直しをする際も、もう一度読み直すことにしていました...
基礎の集結だからこそ抜け目なく見直しを十二分に行う

『基礎の集結だからこそ抜け目なく見直しを十二分に行う』2017年京都大学総合人間学部合格者のセンター世界史の対策・解き方

目標点は100点で、基本的な問題は落としてはいけないと何度も見直しました。20〜30分で解き終え、見直しを3、4周してケアレスミスが確実にないようにしました。 普段は単発問題では早慶レベルのものを主に解いていたので、パッと見て難しいなと思うような問題でも、「絶対に早慶よりは簡単なはずだ」...
138 件中 41 〜 50 件を表示